《ローズ・テンタクルス/Rose Tentacles》

効果モンスター
星6/地属性/植物族/攻2200/守1200
このカードは特殊召喚できない。
自分のバトルフェイズ開始時に相手フィールド上に
表側表示で植物族モンスターが存在する場合、
このターンこのカードは通常の攻撃に加えて、
その植物族モンスターの数だけ攻撃する事ができる。
このカードが戦闘によって植物族モンスターを破壊した場合、
相手ライフに300ポイントダメージを与える。

 RAGING BATTLEで登場した地属性植物族上級モンスター
 特殊召喚できない召喚制限バトルフェイズ開始時に相手フィールド上に存在する植物族の数だけ攻撃回数が増える永続効果
 そして植物族戦闘破壊した時に、相手ダメージを与える誘発効果を持つ。

 相手植物族の数だけ攻撃回数が増え、その攻撃回数は最大で8回にもなる。
 バトルフェイズ開始時に存在していた数で見るため、その後に何らかの方法で数を大きく減らせれば直接攻撃も決まりやすい。
 しかし多くのデッキに投入されているような植物族は少ないため、通常の運用では効果を使うのは難しい。
 やはり《強制転移》《アイヴィ・ウォール》《ツクシー》《竹頭木屑》などの送りつけとの併用が望ましいだろう。
 送りつけた《ロードポイズン》戦闘破壊すれば、蘇生効果によりさらに攻撃が加速する。
 《アイヴィ・シャックル》による種族操作も有効で、装備魔法などでこのカード強化すればさらに効果が活きてくる。
 植物族戦闘破壊することで効果ダメージも発生するため、ダメージが蓄積しやすい。

 連続攻撃効果は、植物族専用の装備魔法である《憎悪の棘》との相性が非常に良い。
 相手フィールド上に植物族トークンを複数送りつけ連続攻撃貫通戦闘耐性で大きなダメージを与えることができる。
 3〜4回貫通攻撃を繰り返せば、1ターンキルにもなるダメージを与えることも難しくないだろう。

 特殊召喚できない数少ない植物族で、《ローンファイア・ブロッサム》や各種蘇生カードは利用できない。
 アドバンス召喚に必要なリリースは1体で済むため出すのは難しくないが、攻撃力が少しばかりもの足りないのが気になるところ。
 自身の効果の性質も考えると、前述の様なこのカードを活躍させるための意識的なデッキ構築が必要になるだろう。
 《ブラック・ガーデン》適用下では効果を活かしやすくなるが、攻撃力が下がる。
 装備魔法を使うか、召喚前にフィールド魔法を張り替えるなどして置きたい。

  • 「ローズ(rose)」は「薔薇」で、一方の「テンタクルス(tentacles)」は「触手」を意味する「テンタクル(tentacle)」の複数形である。
    こちらには「イカの触腕」という意味もあり、このカードもイカの様な姿をしている。
  • 遊星が無人のトラックに閉じ込められた時はアキが超能力で実体化させ、救出に一役買った。
    また、D・ホイールの走行中にヘルマンの《ヒドゥン・ナイト −フック−》によってクラッシュさせられた時も実体化されたが、アキの超能力が機能せず、クッションの役割を果たすことは無かった。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアキが使用。
    第10弾からのパターンでは専用ボイスは存在しない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:バトルフェイズスタートステップ相手フィールド上の植物族モンスターの数が変化した場合、どうなりますか?
A:「開始時」とはスタートステップのことを指す言葉ではありません。
  バトルフェイズに入ってすぐの相手フィールド上の植物族モンスターの数を参照するので変化しません。(09/02/20)


Tag: 《ローズ・テンタクルス》 効果モンスター モンスター 星6 地属性 植物族 攻2200 守1200 特殊召喚不可

広告