《ワーム・キング/Worm King》

効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻2700/守1100
このカードは「ワーム」と名のついた爬虫類族モンスター1体を
リリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。
また、自分フィールド上の「ワーム」と名のついた
爬虫類族モンスター1体をリリースする事で、
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

 DUEL TERMINAL −ワームの侵攻!!−で登場した光属性爬虫類族最上級モンスター
 アドバンス召喚リリースを軽減する効果外テキストワームリリースする事で相手フィールドのカード破壊する起動効果を持つ。

 召喚制限の無い最上級爬虫類族モンスターには攻撃力で上回る《ゴギガ・ガガギゴ》が存在しているため、主に【ワーム】で活用する事になる。
 【ワーム】以外でも、《W星雲隕石》を採用するならば【爬虫類族】でも一応投入できる。

 現存するワームの中で最も攻撃力が高く、リリースを軽減できるのでアドバンス召喚も容易に行うことができる。
 最上級モンスターの基準攻撃力である2800に僅かに達していないが、上級モンスターとして扱うなら充分な数値だろう。
 基本的には《W星雲隕石》からの特殊召喚を狙う事になるものの、手札事故効果で軽減できるため、かなり扱いやすい。

 モンスター効果の方は、さながらワーム限定の《毒蛇の供物》
 1ターンに何度でも使うことができ、破壊対象にも制約がない。
 コストには、効果発動し終えたワームを使い、損がないようにしたい。
 ただし、ワームは特に展開力に優れている訳ではないため、コストを確保することは容易ではない。
 幸い自身をリリースすることも可能なため、蘇生を用意すれば優秀な除去カードになり得る。
 《ヴァイパー・リボーン》《スネーク・レイン》や、《ワーム・クィーン》と相性の良い《継承の印》とはシナジーする。
 ただし《ヴァイパー・リボーン》を採用する場合は《オネスト》などの爬虫類族以外で【ワーム】との相性の良いカードは投入し辛くなるので注意が必要である。

  • 海外版のイラストでは下半身の頭部にある口が修正され塞がれてしまっている。
    足の付け根に縦に裂かれた大きな口が、女性器を連想させるからであろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL NEXTのアドベンチャーモード「ワームの侵攻!!」ではボスキャラとして登場。
    《端末世界》の生き物はワームにとって美味しいらしく、プレイヤーも捕食しようとするが、撃破される。
    なお海外でのポリゴン修正を見越してなのか、下の口からではなく腹から黄色い光線を放つ攻撃モーションとなっている。
    WCS2009ではこのカードが収録されており、召喚時には特別な演出もあるのだが、海外版のイラストと同様になっている。
    最強カードバトル!ではライト月子が使用し、専用ボイスも搭載されている。
    このゲームでは海外配信がないからか、下の口から黄色い光線を放つ演出になっている。

関連カード

リリースによる除去効果を持つものは《ならず者傭兵部隊》を参照。

イラスト関連

―《ワーム・キング》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:リリースコストですか?効果ですか?
A:コストになります。(08/06/27)

Q:このカード自身をリリースして破壊効果発動できますか?
A:はい、できます。(08/06/27)

Q:セットしてあるワームと名のついた爬虫類族モンスター1体をリリースしてこのカードアドバンス召喚できますか?
A:はい、できます。(08/06/28)

Q:セットしてあるワームと名のついた爬虫類族モンスター1体をリリースして破壊効果発動できますか?
A:はい、できます。(08/06/28)


Tag: 《ワーム・キング》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 爬虫類族 攻2700 守1100 ワーム

広告