《ヴァンパイア・デューク/Vampire Duke》

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守   0
「ヴァンパイア・デューク」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードをX召喚の素材とする場合、
闇属性モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の闇属性の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した時、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
相手は宣言された種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 ヴァンパイアの1体であり、召喚時に墓地からヴァンパイア蘇生する誘発効果特殊召喚時にデッキ破壊を行う誘発効果、自身のエクシーズ召喚先を制限する効果外テキストを持つ。

 (1)の効果《シャドウ・ヴァンパイア》と同様、《ヴァンパイア・ソーサラー》による補助が有効。
 こちらは守備表示での特殊召喚だが、攻撃制限のデメリットが無いので、闇属性エクシーズモンスターでの突破に向く。
 《終焉の守護者アドレウス》除去してから攻撃したり、《シャーク・フォートレス》で大ダメージを狙う事もできる。
 ただし、特殊召喚墓地から行われるので、墓地を肥やす手段を確保できなければ動きが取れない。
 デッキから呼べる《シャドウ・ヴァンパイア》とうまく使い分けを行っていきたい。

 (2)の特殊召喚時のデッキ破壊効果は、《ヴァンパイア帝国》トリガーとなる。
 《奈落の落とし穴》等を受けても効果発動でき、対応が特殊召喚全般であるため気軽に利用できる。
 《ヴァンパイア・グレイス》同様エクシーズ召喚攻撃といった行動を起こす前にデッキ破壊が行える。

 《ヴァンパイア・シフト》蘇生すれば同時に除去ができるので、罠カードの持ち味を存分に活かせる。
 任意効果なのでチェーン2以降に特殊召喚した場合、タイミングを逃す点には注意したい。
 《ピラミッド・タートル》自爆特攻からリクルートしても良いだろう。

 《ヴァンパイア・ソーサラー》《ゴブリンゾンビ》から《トランスターン》リクルートを行う際も、展開の準備をしつつアドバンテージを稼げるため有用な選択肢である。
 前者はリリース軽減、後者はサーチが行え、2枚目による蘇生エクシーズ召喚が狙いやすくなる。
 同名カード蘇生でも効果発動できるので、《ヴァンパイア帝国》を効率的に利用できる。

 《シャドウ・ヴァンパイア》同様《悪夢再び》に対応しているが、召喚に成功した時の特殊召喚範囲が墓地なので、その点では相性は悪い。
 ただし、こちらは《スカル・コンダクター》による特殊召喚デッキ破壊効果が使える。
 《悪夢再び》を利用する場合はこれらを併せた方が動かしやすいだろう。
 手札事故のリスクはあるが、上手くかみ合えば毎ターン除去を行いつつランク5の闇属性エクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。

  • 「デューク(Duke)」とは、英語で「公爵」あるいは「(あまり大きくない国の)君主」を意味する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/09/13)


Tag: 《ヴァンパイア・デューク》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 アンデット族 攻2000 守0 ヴァンパイア

広告