《ヴァンパイアジェネシス/Vampire Genesis》

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻3000/守2100
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「ヴァンパイア・ロード」1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、手札からアンデット族モンスター1体を墓地に捨てる事で、
捨てたアンデット族モンスターよりレベルの低い
アンデット族モンスター1体を自分の墓地から選択して特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−アンデットの脅威−で登場した闇属性アンデット族特殊召喚モンスター
 ヴァンパイアの1体であり《ヴァンパイア・ロード》除外して特殊召喚する召喚条件と、墓地からアンデット族特殊召喚する起動効果を持つ。

 召喚条件である《ヴァンパイア・ロード》共々ヴァンパイアサポートを受けられる他、《ピラミッド・タートル》《生者の書−禁断の呪術−》などを始めとし、そちらの展開に困る事は少ない。
 このカード手札加える事さえできれば特殊召喚は比較的容易である。
 だが、特殊召喚モンスターであるためアンデット族ヴァンパイア特殊召喚サポートカードのいずれにも対応していないのが非常に痛い。
 おまけに《ヴァンパイア・ロード》の最大の強みである自己再生効果が失われており、破壊効果で簡単に対処されてしまう。

 墓地からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する効果を持つが、そもそもアンデット族特殊召喚手段が豊富なため、あえて重いこのカードを使う意味がない。
 類似効果には手札コスト種族レベルを限定されない《ゾンビ・マスター》がおり、上級モンスターを出すにしても《地獄の門番イル・ブラッド》《生者の書−禁断の呪術−》《ピラミッド・タートル》などよりよい手段はいくらでも存在する。
 一応、《悪夢再び》対応の《バーサーク・デッド・ドラゴン》捨てることで、ほとんどのアンデット族モンスター蘇生できる。
 とはいえ、このカードを出すために《ヴァンパイア・ロード》除外した時点でディスアドバンテージを負っており、消費に見合った結果が得られるとは言いがたい。

  • 「ジェネシス(Genesis)」とは「創世記」を意味する。
    このカードのイメージはヴァンパイアの「始祖」であろう。
    「始祖」とはヴァンパイアに襲われて下僕になった者ではなく、生まれながらにしてヴァンパイアであった者である。
    「始祖」は同族よりも強力であり、また日の光等といったヴァンパイア特有の弱点を持たないという。
  • コナミのゲーム作品において―
    KONAMIのアクションゲーム、「悪魔城ドラキュラ」のドラキュラ伯爵は貴族的な姿から強大な怪物へと姿を変える吸血鬼として登場するのが恒例であり、「始祖」(真祖)の吸血鬼として描かれている。

関連カード

―《ヴァンパイアジェネシス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:裏側表示《ヴァンパイア・ロード》除外して《ヴァンパイアジェネシス》を特殊召喚する事はできますか?
A:できません。(14/04/17)


Tag: 《ヴァンパイアジェネシス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 アンデット族 攻3000 守2100 ヴァンパイア 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告