《ヴォルカニック・ハンマー/Volcanic Hammerer》

効果モンスター
星5/炎属性/炎族/攻2400/守1500
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分の墓地の「ヴォルカニック」と名のついたモンスターの数×200ポイントダメージを相手ライフに与える。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した炎属性炎族上級モンスター
 そのターン自身の攻撃を放棄する代わりに、墓地ヴォルカニックの数に比例したダメージを与える起動効果を持つ。

 同パックで登場した《ヴォルカニック・エッジ》上位種
 《炎帝テスタロス》と共に、《火口に潜む者》効果特殊召喚できる炎族の中で《炎神機−紫龍》に次ぐ攻撃力を誇る。

 バーン効果を持つがダメージ効率はさほど良くなく、《ヴォルカニック・エッジ》と同様に攻撃ができなくなるデメリットも持つ。
 工夫しなければデュエル後半でやっと1000ポイント程度のダメージというところであり、それなら《ヴォルカニック・エッジ》を2体並べた方が早い。
 このカードの効果を活かすなら、《ブレイズ・キャノン・マガジン》《ヴォルカニック・バックショット》などを利用してヴォルカニックを大量に墓地へ送るデッキ構成が必要だろう。
 【ヴォルカニック・バーン】でよく採用される、《炎帝近衛兵》《貪欲な壺》を使った再利用ギミックと致命的に相性が悪いので、その点にも気を使う必要がある。
 バーン寄りのデッキで扱うなら、《クロス・ソウル》から召喚して効果発動し、《火霊術−「紅」》で焼き切るといいだろう。

 また《トランスターン》を用いれば、火力を底上げしつつ、《ヴォルカニック・ロケット》ディスアドバンテージを軽減したり、《ヴォルカニック・エッジ》デメリットを共有するといった動きが取れる。
 普通にアドバンス召喚を狙うよりも効率がよいため、このカードを使いたいならば覚えておきたい。
 《ヴォルカニック・カウンター》から《ヴォルカニック・ロケット》特殊召喚したりといった活用法があるので、《トランスターン》そのものを複数積んで、このカードピン挿しといった構成でも不都合は生じにくい。

  • 「ハンマー」は「鉄槌」あるいは「(銃の)撃鉄」の意味。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴォルカニック・ハンマー》 効果モンスター モンスター 星5 炎属性 炎族 攻2400 守1500 ヴォルカニック

広告