悪魔(あくま)憑代(よりしろ)/Sinister Yorishiro》

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はレベル5以上の悪魔族モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。
(2):通常召喚したレベル5以上の悪魔族モンスター1体のみが破壊される場合、
代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した永続罠
 1ターンに1度だけ悪魔族召喚するためのリリースをなくす効果と、通常召喚したレベル5以上の悪魔族破壊される場合に自身を身代わりとして墓地へ送る事ができる効果を持つ。

 (1)の効果は、毎ターンレベル5以上の悪魔族リリースなしで通常召喚できるようになる効果
 悪魔族を軸にするデッキでは、ライフコスト不要な《死皇帝の陵墓》となる。
 ただし、《死皇帝の陵墓》と比べて即効性がない上にサーチもしにくく、高レベルモンスターを多く採用すると手札事故の発生率も上昇するので、入念なデッキ構築が必要となる。

 (2)の効果は、通常召喚したレベル5以上の悪魔族破壊される場合に自身を身代わりにできる効果
 高レベルモンスター除去を防ぎ、戦線維持に役立つ。
 ただし、特殊召喚されたモンスターや同時に複数のモンスター破壊される場合は守れない。
 また、この身代わり効果を使用したことによって、後続の高レベルモンスターの展開が滞ることもあるため、使用するタイミングを見極める必要がある。

 このカードと相性の良いモンスターは数多く存在する。
 このカードの効果レベル6のデーモン召喚し、《デーモンの将星》特殊召喚、このカード破壊デメリット身代わりにすれば、ランク6のエクシーズ召喚が狙える。
 特殊召喚に制限のある《The supremacy SUN》《フレイム・オーガ》などを扱うにはもってこいの効果である。
 身代わりで墓地へ送る事ができる性質から《冥府の使者ゴーズ》とも共存できるので、これや《トラゴエディア》《カオスハンター》など悪魔族側に不在時のリリースを任せるという手もある。
 レベル5〜6ならば上記のカードを利用したアドバンス召喚の機会も得やすく、後からこのカードを引いてしまった場合でも身代わりにする事はできるので無駄にならない。
 特に《虚無魔人》《威光魔人》《エンド・オブ・アヌビス》《ゴーレム》といったメタ効果を持つモンスターとも相性が良い。
 リリース軽減能力を持ち、上記モンスター墓地へ送られた後は《ダーク・コーリング》による追撃・切り返しが可能となる《E−HERO マリシャス・エッジ》も好相性である。
 《ダーク・コーリング》手札からも除外できるので、このカードを活かすために高レベルモンスターを多く採用している場合でも、ある程度の負担を軽減できる。

  • 英語名の「Sinister」は、「不吉な」「縁起の悪い」「悪意のある」「邪悪な」といった意味を持つ。
    《キラー・スネーク》を初めとして、英語名では使えない単語を含むカード名の英訳の際に度々使用されている単語である。
    「憑り代」は、このカード(の効果)が生贄のかわりになることからだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:レベル7以上の悪魔族モンスター召喚する時にこのカードの効果適用する場合、必要なリリースを1体のみをなくす事はできますか?
A:いいえ、その場合でも、全てなくして召喚しなければいけません。(14/09/13)

Q:裏側表示レベル5以上の悪魔族モンスター効果裏側表示のまま破壊される場合、このカードの効果適用できますか?
A:いいえ、適用できません。(14/09/29)

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時にレベル5以上の悪魔族モンスター破壊される場合、このカードの効果適用できますか?
A:はい、効果適用でき、このカードは代わりに除外されます。(14/09/29)

Q:このカード効果リリースをなくして通常召喚した《コアキメイル・ヴァラファール》コアキメイル共通の効果外テキスト自壊する場合、このカード効果適用できますか?
A:はい、効果適用できます。(14/10/06)


Tag: 《悪魔の憑代》 永続罠

広告