悪魔竜(あくまりゅう)ブラック・デーモンズ・ドラゴン/Archfiend Black Skull Dragon》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2500
レベル6「デーモン」通常モンスター+「レッドアイズ」通常モンスター
自分は「悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):融合召喚したこのカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、
自分の墓地の「レッドアイズ」通常モンスター1体を対象として発動できる。
墓地のそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
その後、そのモンスターをデッキに戻す。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 戦闘時に相手カードの効果発動を封じる永続効果戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に墓地レッドアイズ元々の攻撃力分のバーンダメージを与え、それをデッキに戻す誘発効果を持つ。

 融合素材レッドアイズ通常モンスターレベルデーモン通常モンスター
 《真紅眼融合》デッキ融合する場合、使用できるのは《デーモンの召喚》または《タルワール・デーモン》《真紅眼の黒竜》の組み合わせのみである。
 デュアルモンスターである《真紅眼の黒炎竜》《真紅眼の凶雷皇−エビル・デーモン》は、フィールド墓地に存在する場合にしか融合素材にはできないので注意したい。
 融合素材のどちらも上級通常モンスターであり、特にレッドアイズサポートカードに対応しないデーモン通常モンスター手札事故要因になりやすい。
 そのため、《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》に比べて重さが目立ち、採用する場合はデッキ構築に工夫が求められる。

 ドラゴン族なので《龍の鏡》による墓地融合も可能であり、この場合はレッドアイズデュアルモンスター融合素材にできる。
 しかし、墓地レッドアイズ通常モンスターが存在しなければ(2)のバーン効果が使用できないため、相性はあまり良くない。
 とは言え、このカード融合素材《始祖竜ワイアーム》融合召喚することもできるので、デッキギミックで見た場合には共存できる。
 手札融合を狙う場合は、エクストラデッキ《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》を入れれば、《融合準備》《融合徴兵》等で《デーモンの召喚》《真紅眼の黒竜》サーチできる。
 なお、融合素材に固有のカード名を指定していないため、融合素材代用モンスターは利用できない。

 (1)は、このカード戦闘時に、ダメージステップ終了時まで相手カードの効果発動を封じる効果
 優秀な戦闘補助カードの多くは攻撃宣言からダメージ計算時の間に適用される上、相手から攻撃される場合も有効なので、戦闘で倒される可能性は低いだろう。
 多くの大型モンスターにとって脅威となる《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》も一方的に戦闘破壊することが可能である。
 (2)の効果とも噛み合っており、攻撃宣言時における《バトルフェーダー》等の妨害、ダメージステップにおけるリバース時や破壊された時に発動する効果を無視して、バーンダメージを通すことができる。

 (2)は、バトルフェイズ終了時に墓地レッドアイズ通常モンスター元々の攻撃力分のバーンダメージを与え、それをデッキ戻す効果
 2400以上のダメージを狙えるので引導火力としても十分であり、融合素材デッキ戻すことで、《伝説の黒石》や次なる《真紅眼融合》への布石となる。
 一方、《真紅眼の鎧旋》等で融合素材蘇生させたい場合はデメリットになるため、使いどころが難しく、発動タイミングの遅さも難点である。
 フィニッシャーにできる状況でなければ、《レッドアイズ・インサイト》《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》などで十分に墓地を肥やしてから使用するべきだろう。
 レッドアイズサポートカード以外では、《真紅眼の黒竜》を毎ターン墓地へ送りつつ単体強化が可能な《光の霊堂》も相性が良い。
 なお、一度融合召喚されたものであっても、蘇生帰還させた場合には「融合召喚した」扱いにならず、効果発動できないので注意したい。

 どちらの効果戦闘に関係するため、《真紅眼融合》から《黒炎弾》発動するコンボの場合、そのターンバニラ同然となってしまう。
 このコンボを狙う場合は《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の方が適任だろう。

 これまで見てきたように攻撃性能は高いが、メインフェイズフリーチェーンでの除去等には一切の耐性がないため、過信はできない。
 特に《真紅眼融合》を使用して融合召喚した場合、召喚反応型罠カード等で除去されてしまうと、そのターン中のリカバリーはほぼ不可能である。
 それ以外の融合カードを使用する場合でも、同名カード1ターンに1度しか特殊召喚できない召喚制限があるため、蘇生や2体目の召喚は行えない。
 融合召喚の際は相手伏せカードに細心の注意を払い、効果を活かせるように運用すべきだろう。

  • 原作の《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》登場時のセリフでは「悪魔竜 ブラック・デーモンズ・ドラゴン」と呼称されており、カード名はこれに由来しているのだろう。
    なお、攻撃力と併記された部分では「悪魔竜」が書かれていないため、正式名称かどうかは不明。
    千年の書(ミレニアム・ブック)』では、カード名が《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》とされている。

関連カード

戦闘時に相手効果発動を封じる効果を持つカード《ジェムナイト・マディラ》を参照。

融合素材に使用できるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:融合召喚されたこのカード裏側表示になり、その後表側表示になり戦闘を行った場合でも(2)の効果発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(15/04/24)

Q:融合召喚されたこのカード戦闘を行いその後そのバトルフェイズ中に裏側表示になり、同じバトルフェイズ中にこのカード表側表示になった場合、(2)の効果発動する事ができますか?
A:いいえ、発動できません。(15/04/24)


Tag: 《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》 モンスター 星9 闇属性 ドラゴン族 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 攻3200 守2500 デーモン

広告