(やみ)取引(とりひき)/Dark Deal》

通常罠
相手の通常魔法発動時に1000ライフポイントを払って発動する事ができる。
その時相手が発動した通常魔法の効果は、「相手はランダムに手札を1枚捨てる」となる。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した通常罠
 相手通常魔法効果手札破壊効果に変える。

 魔法カードの書き換えをできるが、通常魔法にしか対応せずライフコストも必要であり、魔法カードによるカウンターとしては他のカードの方が使いやすい。
 よって、「相手による手札破壊」にするメリットがあるデッキで採用する事となる。

 一部のモンスターの「カードの効果墓地へ捨てられた」際の誘発効果発動を補助できるのが、このカードの真骨頂。
 「相手カードの効果で捨てられた」ものとして扱われるため、暗黒界の追加効果発動できる。
 さらに《暗黒界の魔神 レイン》特殊召喚でき、モンスター効果発動できる。

 相手通常魔法発動を要求するものの、暗黒界以前の手札破壊対策モンスター効果も自発的に発動できる稀有なカードである。
 これには、《闇より出でし絶望》《再生ミイラ》《災いの像》《ネコマネキング》等が該当する。(墓地へ送られた墓地へ捨てられたを参照。)

  • マスターガイド2によれば、清濁あわせ呑むことを要求されるのが騎士であり、多少の事には目をつぶり《暗黒界の騎士 ズール》が取引を成立させている場面との事。

関連カード

相手カード効果によって手札から捨てられた時に効果発動できるカード

―名前関連

効果を変える効果を持つカード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《強欲で謙虚な壺》発動にこのカードをチェーン発動され、効果を書き換えられた場合、そのターン特殊召喚できますか?
  また、そのターン再び《強欲で謙虚な壺》発動できますか?
A:いいえ、その場合同一ターン中に2枚目の《強欲で謙虚な壺》発動することもモンスター特殊召喚することもできません。(12/06/27)

Q:《クロス・ソウル》発動にこのカードをチェーン発動され、効果を書き換えられた場合、そのターン攻撃できますか?
A:いいえ、その場合同一ターン中に自分はバトルフェイズを行うことはできません。(12/06/27)

Q:《迷える仔羊》の発動にこのカードをチェーン発動され、効果を書き換えられた場合、そのターン召喚反転召喚特殊召喚ができますか?
A:いいえ、その場合同一ターン中に自分は召喚反転召喚特殊召喚ができません。(12/06/27)

Q:このカードの効果で《光の護封剣》効果を変えた場合、《光の護封剣》フィールド上に残る効果もなくなりますか?
A:はい、なくなりフィールド上に残りません。(13/01/27)


Tag: 《闇の取引》 通常罠

広告