闇王(やみおう)プロメティス/Prometheus, King of the Shadows》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1200/守 800
このカードの召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する闇属性モンスターを任意の枚数ゲームから除外する。
このターンのエンドフェイズ時まで、この効果で除外したカード1枚につき、
このカードの攻撃力は400ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚に成功した時に墓地闇属性モンスター除外することで攻撃力が上昇する誘発効果を持つ。

 効果発動できるのは召喚に成功した時のみであり、自己強化エンドフェイズまでのため、一度効果を使ってしまえば攻撃力1200の実質バニラとなってしまう。
 このカードの注目すべき点は闇属性ならば任意で何枚でも除外できるところであり、墓地調整から終盤での不意の一撃まで、色々な仕事をこなせるのは大きい。
 上昇した攻撃力次第では、攻撃後に《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》生け贄にすることも可能。
 除外した闇属性モンスター帰還カード特殊召喚する事で、一気に畳み掛ける事もできる。
 【闇属性】なら1枚投入しておけば、中々侮れないカードになるだろう。

 《ダーク・アームド・ドラゴン》《紅蓮魔闘士》との相性は良く、墓地モンスターの数を好きな枚数に調整でき、また前者の場合自身も闇属性であるため特殊召喚モンスター効果の発動コストとしても利用できる。

  • 「プロメティス」とは、ギリシャ神話における「プロメテウス(Prometheus)」が由来であろう。
    ティタン神族の巨人神で、神話によると最高神ゼウスからの命で土をこねて最初の人間を作った。
    また、人間と神の間で捧げ物に関する契約が結ばれた時、彼は人間の味方となり、神には牛の骨を捧げ、肉は人間自身が食べられるように企んだ。
    これに腹を立てたゼウスが人間に与えるはずだった「火」を隠すと、これを盗み人間に「火」を与えた。
    しかしその後怒ったゼウスによってカウカソス山の山頂に磔にされ、肝臓をハゲタカに啄ばまれる生き地獄を味わうことになったとされる。
    なお、この名前は61番目の元素である「プロメチウム(Promethium)」の由来にもなっている。
  • そういった内容から堕天使とも関連付けられる事があり、闇属性悪魔族なのはそれが由来となっているのかもしれない。
    なお堕天使はその名の通り堕落した天使である事が多いが、人間に味方した天使もこの中に含まれる事が多く、それを考えると中々考えさせられる属性種族設定である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:除外コストですか?それとも効果ですか?
A:《カオスライダー グスタフ》と同じく、効果です。
  効果解決時カード除外します。(07/03/08)

Q:墓地カード除外する効果対象をとりますか?
A:いいえ、対象をとらない効果です。(10/09/23)

Q:《闇王プロメティス》の誘発効果チェーンして《激流葬》発動された場合、墓地闇属性モンスター除外できますか?
A:はい、除外できます。(13/10/06)


Tag: 《闇王プロメティス》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1200 守800

広告