闇黒(あんこく)魔王(まおう)ディアボロス/Darkest Diabolos, Lord of the Lair》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

 ストラクチャーデッキR−闇黒の呪縛−で登場する闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 自身を手札墓地から特殊召喚できる効果相手によってリリースされず相手効果の対象にならない効果相手手札1枚をハンデスする効果を持つ。

 (1)は自分フィールド闇属性モンスターリリースされた場合に手札墓地から特殊召喚できる効果
 アドバンス召喚儀式召喚ウイルスカードを始めとする各種カードコストが主な発動機会となる。
 闇属性ドラゴン族レベル8と豊富なサポートに対応しているため手札墓地に用意する事は容易い。
 《ジュラゲド》《リンクリボー》の様な、相手ターンでも自力でリリースできる闇属性モンスターと併用できれば尚のこと良い。
 フィールド闇属性モンスター壊獣等のリリースにされた場合にも発動できる為、メタとしても機能する。

 (2)は相手によるリリース並びに対象を取る効果への耐性
 壊獣によって除去される事もなく、苦手とする除外デッキバウンスに対してもある程度防げるので耐性としては有能と言える。
 このモンスター《復活の福音》にも対応しているため、あちらの効果と合わせればより強固な耐性を得ることもできる。
 相手によるもの限定であるため、自分からはウイルスカードなどのコストにできる。

 (3)は闇属性モンスター1体をリリースして発動するハンデス効果
 デッキ戻すために墓地アドバンテージを稼がせないのが利点。
 状況次第ではこのカード自身をコストにして発動しても良いだろう。
 手札墓地同名カードがある場合は、そちらの(1)のトリガーにもなるので、毎ターン1枚のハンデスが可能となる。
 ただし、カードの選択及びデッキの一番上か下かは相手が選ぶため、相手手札によっては効力が薄い場合もある。

  • 外見的な特徴として、《魔王ディアボロス》は眼が赤く身体に青いラインがあるのだが、このモンスターは眼が青く身体に赤いラインがある。
    また、あちらの体を縛り付けていた鎖を引き千切っている。
    あちらに比べてステータス効果も全て強化されているが、力を押さえつけていた鎖から解き放たれたという意味合いなのだろうか。

関連カード

―《闇黒の魔王ディアボロス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《闇黒の魔王ディアボロス》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2000

広告