異次元(いじげん)()とし(あな)/D.D. Trap Hole》

通常罠
相手がモンスター1体を守備表示でセットした時に発動する事ができる。
セットしたそのモンスター1体と自分フィールド上のモンスター1体を
破壊してゲームから除外する。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した通常罠
 相手モンスターセットに反応し、自分モンスター1体と共にそれを除外する。

 相手セットを待たなければならない発動条件はあまりに受動的であり、そこに2:1交換ディスアドバンテージも発生してしまう。
 そもそも裏側守備表示モンスターに対抗したいのならば返しのターンに使う《抹殺の使徒》で十分であり、わざわざセットされた瞬間に対応する必要は皆無と言える。

 活かす場合は、落とし穴に含まれる点、自分モンスター除外できる点に着目する必要がある。
 具体的には蟲惑魔のサポートに対応し、《異次元の生還者》トークンを除外することで1:1交換となる辺りか。
 特に《トリオンの蟲惑魔》サーチでき、蟲惑魔を指定すれば相手セットモンスターのみを除外できるため、牽制可能なのは利点である。
 他の落とし穴では対処できないセットに対抗できるため、デッキから落とし穴を直接使う《フレシアの蟲惑魔》を使うデッキに1枚入れておけば相手の裏をかくことはできる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果対象をとる(指定する)効果になりますか。
A:はい。対象をとる(指定する)効果になります。(05/06/02)

Q:このカードの効果処理時に対象に選択したモンスターの内1体がフィールド上に存在しなくなった場合、残りのモンスター破壊され除外されますか?
A:いいえ、効果適用されず破壊除外はされません。(11/04/10)

Q:このカードの効果処理時に相手フィールド裏側守備表示モンスター表側表示になっていた場合、このカードの効果を処理しますか?
A:いいえ。効果不発になります。(05/06/02)

Q:《浅すぎた墓穴》《ダークファミリア》により、相手フィールド上に1体と同時に自分フィールド上にセット特殊召喚された場合発動することができますか?
A:発動する事ができます。(09/02/04)

Q:《カオスポッド》により、相手フィールドに1体、自分フィールド上に複数セットされた場合は発動することができますか?
A:発動できます。(10/07/30)

Q:自分フィールド上の《E・HERO ワイルドマン》罠カード効果を受けない)と相手フィールド上の裏側守備表示モンスター対象にこのカード発動した場合、どのように処理しますか?
A:相手フィールド上の裏側守備表示モンスターのみを破壊してゲームから除外します。(13/05/12)


Tag: 《異次元の落とし穴》 通常罠 落とし穴

広告