一角獣(いっかくじゅう)のホーン/Horn of the Unicorn》

装備魔法
装備モンスターの攻撃力・守備力は700ポイントアップする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、墓地のこのカードをデッキの一番上に戻す。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した装備魔法
 装備モンスター攻撃力守備力をアップさせる効果と、フィールドから墓地へ送られた時にデッキの一番上戻す強制効果も持つ。

 単体強化だけを目的とするのであれば《団結の力》下位互換でしかないため、再利用効果目的で採用することになる。

 攻撃力強化数値が同じ《悪魔のくちづけ》と比べると、こちらは守備力も上昇し、再利用もノーコストでできる。
 しかし、再利用はドローを阻害してしまう効果でもあるため、任意で発動できる《悪魔のくちづけ》と比較すると実際の使い勝手は悪い。
 ライフコストもさほど大きくはないため、それが膨れ上がるほどに再利用の機会が訪れるとも考え難い。
 《悪魔のくちづけ》と同じコストで再利用でき、モンスター同士の戦闘ではこのカードよりも扱いやすい《月鏡の盾》もあるため、優先させにくい。

 再利用が同じく強制発動である《執念の剣》と比べると、強化数値はこちらの方が高い。
 しかし、フィールドから墓地に送られなければデッキへ戻らないため、一部のコンボができなくなっている。
 逆に言えば、あちらよりドローを阻害してしまうリスクが低く、《闇のデッキ破壊ウイルス》魔法カード宣言されても、ドローを阻害し続けないで済む。

 総じて、強化目的にしても再利用効果コンボ目的にしてもより扱いやすいカードが存在するため、このカードが中途半端であることは否めない。

 《聖騎士の追想 イゾルデ》を採用した【戦士族】にて、《月鏡の盾》と共に採用される場合がある。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》装備魔法を複数種類墓地へ送る必要があり、その種類数を稼ぐのが主な目的である。
 手札に来たとしても、装備してリンク素材にすればデッキに戻せるというメリットがある。
 《執念の剣》では《聖騎士の追想 イゾルデ》墓地へ送った場合でもデッキトップに戻って次のドローを阻害してしまい、《悪魔のくちづけ》では任意効果なのでタイミングを逃す
 特定の条件でのみデッキトップに戻るという中途半端さが噛み合った結果の活用方法といえる。

  • 「一角獣」とは多くの場合「ユニコーン」のことを指し、ユニコーンの角には解毒作用があると言われている。
    その他「麒麟」の別名としても知られており、実在の動物である「イッカク」のことを「一角獣」と呼ぶこともある。
  • アニメDMでは何故か「魔法カード」の記載の部分がない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《一角獣のホーン》 魔法 装備魔法

広告