烏合無象(うごうむぞう)/Cattle Call》

速攻魔法
「烏合無象」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドから元々の種族が
獣族・獣戦士族・鳥獣族の表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったそのモンスターと元々の種族が同じモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

 EXTRA PACK 2016で登場した速攻魔法
 獣族獣戦士族鳥獣族モンスター墓地へ送る事で同じ種族モンスターエクストラデッキから特殊召喚する効果を持つ。

 フィールド獣族獣戦士族鳥獣族エクストラデッキの同じ種族モンスターを入れ替える効果を持つが、デメリットにより攻撃効果が封じられる上にエンドフェイズ自壊してしまうため、漠然と使ってもディスアドバンテージにしかならない。
 従って、他のカードと合わせてのコンボで活用する必要がある。

 以下一例を挙げる。

  1. 《亜空間物質転送装置》《月の書》デメリットを帳消しにしてフィールドに維持する。
  2. 《マスター・オブ・OZ》《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》融合素材にして、4200という破格の効果ダメージを狙う。
  3. 《偉大魔獣 ガーゼット》で破格の攻撃力を得る。
  4. 《武神−ヒルコ》ペンデュラム効果RUM等でエクシーズ素材とする。
  5. 《A BF−涙雨のチドリ》等の自壊時に効果発動するモンスターを利用する。
  6. 《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》等、シンクロモンスターを素材に指定するカードシンクロ素材にする。
  7. 《月光舞豹姫》等、融合モンスターを素材に指定するカード融合素材にする。
  8. エクシーズモンスターを出し《迅雷の騎士ガイアドラグーン》などを重ねる。
  9. 《No.64 古狸三太夫》などで攻撃力をコピーする。
  10. 《ミセス・レディエント》等でリンク先を確保しつつリンク素材として活用する。

 ただし、このカード自体がサーチが難しい事から安定した戦術として組み込むのは難しく、コンボカードの常として手札事故ディスアドバンテージの多さとの兼ね合いも考える必要がある。
 そのため、デッキの主軸とするのではなく、あくまでアクセント程度に留めるようにしたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《烏合無象》 魔法 速攻魔法

広告