運命(うんめい)発掘(はっくつ)/Dig of Destiny》

通常罠
(1):自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地の「運命の発掘」の枚数分だけ、自分のデッキからドローする。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した通常罠
 戦闘ダメージを受けた時にドローする効果破壊された時に墓地同名カードの数だけドローする効果を持つ。

 (1)の効果のみでは発動条件が厳しくなった《強欲な瓶》《八汰烏の骸》に過ぎない。
 一応、自爆特攻などでも発動できるので、《ヒーロー・メダル》などと違い、完全に腐るという事態は避けられる。

 (2)の効果を目当てに採用することになるが、(1)以上に受動的な発動条件である。
 効果解決時の枚数で判定するため、複数枚の同名カードセットできれば、《ツインツイスター》《ハーピィの羽根帚》等で同時に破壊された場合、4枚以上のドローが望める。
 このカード墓地に1〜2枚落ちていたとしても、メインフェイズ1で攻勢を仕掛ける前の魔法・罠除去相手が躊躇するとは考えにくく、ドロー自体は狙える可能性が高い。
 しかし、(2)の効果の発動に成功しても、その後の攻撃を防げなければ自分ターンが来る前に敗北する事も有り得るので、手札誘発などの防御手段はしっかり用意したい。

 一応エンドサイク《ナイト・ショット》等には強く、類似発動条件《ヒーロー・メダル》と違い墓地へ送られる必要がない。
 ライトロード効果などで先に墓地へ送られたものがあれば、2枚以上のドローも狙える。
 ただし、発動できるかどうかは結局のところ相手次第であり、不安定であることには変わりがない。

  • 漫画5D'sの「遊星vs骸骨騎士」(1戦目)で遊星が類似した効果を持つ通常罠《ショック・ドロー》を使用している。
    こちらはそのターン中に受けた全てのダメージの合計が対象であり、1000ポイントにつき1枚ドローできた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《運命の発掘》 通常罠

広告