(とこしえ)(ジェネレイド) オルムガンド/Jormungandr, Generaider Boss of Eternity》

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/地属性/爬虫類族/攻   ?/守   ?
レベル9モンスター×2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「永の王 オルムガンド」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの元々の攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×1000になる。
(3):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
お互いは、それぞれデッキから1枚ドローする。
その後、ドローしたプレイヤーは自身の手札・フィールドのカードを1枚選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 デッキビルドパック ミスティック・ファイターズで登場した地属性爬虫類族エクシーズモンスター
 自分フィールドに1枚しか存在できないルール効果エクシーズ素材の数だけ強化する永続効果お互いドローさせ、ドローしたプレイヤー手札フィールドのカードを自身のエクシーズ素材にする誘発即時効果を持つ。

 (2)は自己強化
 2体でエクシーズ召喚した場合は2000しかないが、(3)の効果で毎ターン1000ずつ増やすことができる。
 《王の舞台》《王の憤激》を併用すれば爆発的に攻撃力を上げる事も狙える。
 とはいえ自身に耐性などは一切なく、高火力を目当てに維持する必要性は乏しい。

 (3)はお互いドローさせてお互いカードエクシーズ素材とする効果
 エクシーズ素材を増やせるので(2)の効果攻撃力が上昇し、さらに相手カードの利用も防げる。
 とはいえ、エクシーズ素材にするカード相手が選べるので純粋な自己強化と見るのがいい。
 腐った手札エクシーズ素材として処理しつつドローで有用なカードが引ければ理想的だが、相手にも同じことが言える点は注意したい。

 単純に使用するとカード・アドバンテージを得られないが、使い方を工夫すればアドバンテージを得られる。
 通常魔法通常罠発動チェーンする形で(3)を発動し、その魔法・罠カードエクシーズ素材に選べば実質こちらのみが得をする。
 また、相手ドローさせられるため、《王の舞台》《便乗》《グリード》といったカードとのコンボにも使用可能である。
 【ジェネレイド】相手ドローさせるカードを採用しやすく、《王の舞台》と特定のジェネレイドモンスター【レベル9】にも出張可能である。
 その他、《M・HERO ダーク・ロウ》を併用すれば相手手札除外できるが、【レベル9】に採用する場合は事故率の上昇を招きがちな点に注意。

 なお、ランク9の中では高い打点を持てるが、《真竜皇V.F.D.》《幻子力空母エンタープラズニル》が存在するのでコンボを考慮しない【レベル9】での純粋な採用は難しい。

 《クロノダイバー・ハック》と相性が良く、強化しつつあちらの(2)の効果直接攻撃能力を付与できる。
 2体の素材でエクシーズ召喚し、一度効果を使った場合攻撃力3900で直接攻撃できる。

  • カード名から、モチーフは北欧神話に登場する怪物「ヨルムンガンド」と思われる。
    ヨルムンガンドにはミドガルズオルムという別称があり、カード名は両方の呼称からとった形となる。
  • ヨルムンガンドは「世界を取り巻き自らの尾を咥える蛇」という姿からウロボロスと関連付けられる事もあり、「永」と名が付くのはそれに由来する可能性もある。

関連カード

―《永の王 オルムガンド》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:自分《王の試練》通常魔法)を発動し、それにチェーンする形で《永の王 オルムガンド》の(3)の効果発動しました。
 《永の王 オルムガンド》効果処理時には発動した《王の試練》はまだフィールド上に存在しますが、その《王の試練》《永の王 オルムガンド》エクシーズ素材にする事は可能ですか?
 可能な場合その《王の試練》効果は通常通り適用されますか?
A:ご質問のように、《永の王 オルムガンド》効果によって、チェーン1で発動した《王の試練》カードエクシーズ素材として下に重ねることがができます。
 また、チェーン1で発動した《王の試練》も、通常通りに処理を適用することができます。 (19/09/01)


Tag: 《永の王 オルムガンド》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク9 地属性 爬虫類族 攻? 守? ジェネレイド

広告