霞の谷(ミスト・バレー)神風(しんぷう)/Divine Wind of Mist Valley》

フィールド魔法(制限カード)
自分フィールド上に表側表示で存在する風属性モンスターが手札に戻った場合、
自分のデッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 STORM OF RAGNAROKで登場したフィールド魔法
 自分表側表示風属性モンスターバウンスした場合、レベル4以下の風属性モンスターリクルートする効果を持つ。

 「〜場合」なのでタイミングを逃す事なく効果の発動が可能。
 リクルート範囲はレベル4以下の風属性モンスターなのでリクルーターよりも広い。
 ただし、ダメージステップでは発動できないのでその点は注意。

 基本的には自分フィールド上のモンスター手札バウンスする必要があるので、単純なボード・アドバンテージは変わらない。
 このため、手札戻す事で召喚する効果を持つモンスターとの併用が基本となる。
 中でも《ハーピィ・ダンサー》とのシナジーは最高であり、実質的にボード・アドバンテージの損失なしでリクルートできる。
 汎用性の高いカードでは、《BF−精鋭のゼピュロス》《A・ジェネクス・バードマン》等も相性が良い。
 特に後者の場合、このカード効果特殊召喚した《ジェネクス・ブラスト》サーチできるため、次のターンに備えることもできる。

 他では、《ウィングド・ライノ》も比較的相性が良い。
 自分罠カード発動に対して効果発動することで能動的にリクルートすることができる。
 さらに相手罠カードによる除去に対して発動すればアドバンテージを稼ぐことも可能。

 名前の通り【霞の谷】での採用が見込める。
 《霞の谷のファルコン》《霞の谷の祈祷師》の他、関連する効果を持つ《ミスト・コンドル》等、発動条件を満たすカードは多い。
 《霞の谷の巨神鳥》《霞の谷の雷鳥》コンボが狙いやすくなり、《霞の谷の雷神鬼》相手ターンにもリクルートを行える。
 このカード自身を手札戻すことで同一ターン内で使い回すこともできる。
 もちろん、その他の風属性を含むデッキでも先述のバウンスカードと併せれば十分扱える。
 剣闘獣ではモンスターを並べやすいことから《剣闘獣ガイザレス》を出しやすく、幻獣機では《幻獣機コルトウィング》特殊召喚しやすい。

関連カード

―《霞の谷の神風》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:コストによって風属性モンスター手札戻した場合、このカード効果の発動はできますか?
A:はい、できます。(10/11/18)

Q:チェーン2以降に風属性モンスター手札戻った場合、このカード効果の発動はできますか?
A:一連のチェーン処理が終了した後、《霞の谷の神風》の効果発動する事ができます。(10/11/18)

Q:ダメージステップ中に風属性モンスター手札戻った場合に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/11/18)

Q:《DNA移植手術》風属性になっている風属性以外のモンスター手札戻った時、発動できますか?
A:はい、できます。(10/11/18)

Q:自分フィールド上に存在する元々の持ち主相手風属性モンスター相手手札に戻った時、発動できますか?
A:はい、できます。(10/11/18)

Q:相手もこのカード効果を使用できますか?
A:いいえ、できません。(10/11/18)

Q:効果使用後に手札戻した《霞の谷の神風》や2枚目以降の《霞の谷の神風》を発動した場合、再び効果の発動はできますか?
A:はい、できます。(10/11/18)

Q:《霞の谷の神風》が適用中で自分フィールド上にモンスターが5体いる時、自分フィールド上の《霞の谷の雷鳥》《強制脱出装置》手札戻した場合、処理はどうなりますか?
A:《霞の谷の雷鳥》効果チェーンをして《霞の谷の神風》の効果発動し、《霞の谷の神風》の効果によってデッキからモンスター特殊召喚を行い、モンスターカードゾーンに空きがない場合、《霞の谷の雷鳥》墓地へ送られます。(10/11/18)

Q:永続魔法扱いとなっている《宝玉獣 サファイア・ペガサス》装備カード扱いとなっている《ドラグニティ−ファランクス》手札戻った場合、《霞の谷の神風》の効果は使用できますか?
A:いいえ、できません。(11/06/05)


Tag: 《霞の谷の神風》 魔法 フィールド魔法 ミスト・バレー

広告