奇跡(きせき)のジュラシック・エッグ/Miracle Jurassic Egg》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻   0/守2000
(1):フィールドの表側表示のこのカードは除外できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
恐竜族モンスターが自分の墓地へ送られる度に、
このカードにカウンターを2つ置く。
(3):このカードをリリースして発動できる。
このカードに置かれていたカウンターの数以下のレベルを持つ
恐竜族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 除外されない永続効果カウンターを乗せる永続効果、自身をリリースして、乗ったカウンター数以下のレベルを持つ恐竜族リクルートできる起動効果を持つ。

 (1)はフィールド上に表側表示で存在する限り除外されないという、非常に珍しい永続効果
 《邪帝ガイウス》カオスモンスターからの除去耐性があるのは貴重かつありがたいが、効果を受けなくても一方的に戦闘でやられてしまう。
 フィールド上のモンスター除外するカードには《次元幽閉》《奈落の落とし穴》などもあるが、このモンスターはそれらとは縁遠い。
 それでも《連鎖除外》に怯えずに済むのは利点と言える。
 また、《サイクロン》等にチェーンして《忍法 超変化の術》使用しこのモンスター特殊召喚した場合、相手モンスター除去しつつこのカードを残せるためアドバンテージを得られる。

 (2)(3)の効果は連動しており、カウンターの数に応じて恐竜族リクルートできる。
 カウンターが乗る条件は「恐竜族自分墓地へ送られる」であり、どこから墓地へ送っても良い。
 1度につき2つのカウンターが乗るので、4回恐竜族墓地へ送られれば召喚制限のない恐竜族ならば全て特殊召喚できる。
 とはいえ、守備力はあるものの、複数ターンに渡ってこのカードフィールド上に表側表示で維持するのは決して容易ではない。
 《手札断殺》等の墓地を肥やすカード《ジュラック・アウロ》等の相性がいい恐竜族を併用して、一気にカウンターを溜めてしまうのも十分選択肢の範疇だろう。

 《魂喰いオヴィラプター》《プチラノドン》といったより簡単に恐竜族を展開できるモンスターが増えたため、あえて手間のかかるこちらを使う意義が薄れている。
 一応、それらはカウンターを乗せるための補助にもなるので、併用する手もある。

  • 「ジュラシック(jurassic)」とは、ジュラ紀を指す名詞、または「ジュラ紀の」という意味をもつ形容詞である。
    中生代の真中の地質年代で、今からおよそ2億800万年前から1億4600万年前までをいい、陸上では恐竜などの爬虫類が全盛の時代である。
    この頃からワニ類や始祖鳥が出現。
    シダ類やソテツ・イチョウの類が繁栄し、アンモナイトが全盛した時代でもある。

関連カード

―《奇跡のジュラシック・エッグ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果の分類はなんですか?
A:除外されない効果永続効果です。(10/10/13)

Q:《次元の裂け目》《マクロコスモス》が存在する時、表側表示のこのカードが戦闘破壊される場合はどのような処理になりますか?
A:破壊された時点で「このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り」という条件を満たしていない(既にフィールド上に存在していない)ので、普通に除外されます。

(2)の効果について

Q:効果の分類はなんですか?
A:カウンターを置く効果永続効果です。(10/10/13)

Q:《手札抹殺》などで複数体の恐竜族を同時に墓地へ送った場合、カウンターを幾つ乗せますか?
A:1度に何体墓地におかれても、乗せられるカウンターは2つです。(08/11/02)

Q:エクシーズ素材が取り除かれ、そのエクシーズ素材恐竜族だった場合カウンターは乗りますか?
A:はい、その場合でもカウンターは乗ります。(14/07/27)

(3)の効果について

Q:効果の分類はなんですか?
A:デッキからモンスター特殊召喚する効果起動効果です。(10/10/13)

Q:このカードに乗せられるカウンターには特に名前がありませんが、このカードに乗せられる、このカード効果以外で発生した別のカウンターがこのカードに乗っている場合、このカード効果で使用可能なカウンターとしてカウントされますか?
  (現在は、その効果を使ったモンスター以外の別のモンスターに、名前の無いカウンターを乗せるカードは存在しませんが。)
A:このカード効果によって乗せられたカウンターに限定されます。(08/11/02)


Tag: 《奇跡のジュラシック・エッグ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻0 守2000

広告