機炎星(きえんせい)−ゴヨウテ/Brotherhood of the Fire Fist - Coyote》

効果モンスター
星5/炎属性/獣戦士族/攻2000/守 500
自分フィールド上に「炎舞」と名のついた魔法・罠カードが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した炎属性獣戦士族上級モンスター
 自分フィールド炎舞が存在しモンスターが存在しない場合特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 半上級モンスターであり、その特殊召喚条件は自分フィールドだけ参照するので、相手の状況に左右されず運用する事ができる。
 もう1つの条件も、炎星のギミックが正常に機能していれば炎舞が無くなることは少ないので難しくない。
 特殊召喚後はバニラ同然、ステータスも平凡なので、フィールドに維持するメリットは薄く、シンクロ素材エクシーズ素材リンク素材として使う事になる。

 しかし、このカードエクシーズ素材にする場合、他のレベル5の炎星《威炎星−ヒエンシャク》しかいないのが難点。
 あちらの特殊召喚効果コストが重く、専用構築を行わない限りエクシーズ召喚には繋げられない。
 特殊召喚条件の都合上、同名カードを並べるにしても他のカード特殊召喚する必要がある。
 シンクロ素材とする場合も、《炎星師−チョウテン》と共に《こう炎星−リシュンキ》シンクロ召喚するくらいしか選択肢がない。
 また、《炎舞−「天キ」》サーチできないという欠点もある。
 一応《立炎星−トウケイ》効果サーチできるが、肝心の特殊召喚条件と噛みあっていない。

 総じてシナジーが薄く、シナジーを無視してまで運用するほどの魅力もないため、《威炎星−ヒエンシャク》を活用するデッキにおまけで入る程度である。
 あちら共々《トランスターン》レベル4の炎星から出せるため、枠があれば使えないこともない。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、「天機星」の生まれ変わりの「呉用」だろう。
    梁山泊の軍師であり、使用武器の鎖分銅はイラストでも所持している。
    また、英語名にもある通り、動物は「コヨーテ(coyote)」をモチーフとしている。

関連カード

―同じ特殊召喚効果を持つモンスター《フォトン・スラッシャー》を参照の事。

―《機炎星−ゴヨウテ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《機炎星−ゴヨウテ》 効果モンスター モンスター 星5 炎属性 獣戦士族 攻2000 守500 炎星

広告