久遠(くおん)魔術師(まじゅつし)ミラ/Milla the Temporal Magician》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1800/守1000
(1):このカードが召喚に成功した場合、
相手フィールドの裏側表示のカード1枚を対象として発動する。
その相手のカードを確認する。
この効果の発動に対して、相手は魔法・罠カードを発動できない。

 GENERATION FORCEで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 召喚成功時に相手魔法・罠カードチェーンさせずにセットカード確認する誘発効果を持つ。

 この効果メリット情報アドバンテージの獲得だけに留まらない。
 召喚に成功した時に強制発動する誘発効果であり、チェーンされない性質により《奈落の落とし穴》《激流葬》発動されることが無い。
 厄介なカードだった場合は、《ナイト・ショット》発動させないまま破壊してしまうのも良い。
 同様に確認したカードへの耐性があるモンスターに繋げる事で、相手の戦略を狂わす事もできる。

 ただし、直接アドバンテージを取れる訳ではなく、《神光の宣告者》などのモンスター効果にはチェーンされる。
 魔法使い族アタッカーとしては、他にも魔法・罠カード破壊してアドバンテージを取れる《魔導戦士 ブレイカー》《ライトロード・マジシャン ライラ》が存在する。
 また、召喚時にしか効果発動しないので《ディメンション・マジック》《マジシャンズ・サークル》特殊召喚すると、通常モンスター同然となる。
 自身のデッキや対策したい相手カードを考えた上で、どのカードを採用するか良く考えたい。

 基本的には光属性魔法使い族の擬似耐性持ちメリットアタッカーとして運用し、墓地へ送られた《カオス・ソーサラー》等の召喚コストとして使うとよいだろう。
 同じく《奈落の落とし穴》に落ちない《アーカナイト・マジシャン》シンクロ素材にすると、《奈落の落とし穴》を安全に除去できる。
 また、《エンペラー・オーダー》に対応する魔法使い族としては、魔力カウンターによって攻撃力を維持している《魔導戦士 ブレイカー》よりも使いやすい。
 【魔法族の里】では召喚を安全に通せる事、《スキルドレイン》の下でも耐性が有効な事から優秀な働きをする。

  • 久遠とは、ある事柄がいつまでも続くこと、つまり「永遠」を意味する。
    また、久しく遠いこと、遠い過去または未来のことをいう場合もある。
    手に持つ杖に鏡がはめこまれている事から、「ミラ」の由来は恐らく「ミラー(mirror/鏡)」だろう。
    セットされたカードの正体を鏡に映しだす」という意味で付けられたと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE6では女性モンスターを集めた出現条件の難しいパック「マイワイフプラスプラス」のパッケージを務めており、このパックを意識したデッキレシピ「NEWマイワイフプラス」も後日配信されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
  また、チェーンブロックは作られますか?
A:チェーンブロックを作る誘発効果です。(13/02/01)

Q:このカード効果対象をとりますか
A:はい、相手フィールド上にセットされたカード1枚を対象に取る効果となります。(11/04/22)

Q:誘発効果モンスターカード魔法・罠カードの両方を確認できますか?
A:はい、モンスターカード魔法・罠カードの両方を確認できます。
  なお、確認する処理は表側表示にする扱いでないため、《ライトロード・ハンター ライコウ》《スノーマンイーター》効果発動しません。

Q:相手フィールド上にセットされたカードがない時にこのカード召喚した場合、どうなりますか?
A:誘発効果強制効果なので、セットされたカードがない場合でも発動してチェーンブロックが作られます。
  また、この時に発動した効果に対しても相手魔法・罠カード発動する事はできません。(11/04/16)

Q:この効果の発動に対して相手は既に表側表示で存在している状態の永続魔法永続罠等の効果発動をすることができますか?
A:はい、できます。(11/04/21)

Q:自分の場に《月の書》が伏せてある時に、相手がこのカード召喚効果発動しました。
  チェーン発動はできませんが、相手が次の行動をする前に《月の書》発動タイミングはありますか?
A:はい、このカード効果処理終了後にターンプレイヤーである相手スペルスピード2以上の効果発動しないのであれば、自分《月の書》等のスペルスピード2以上の効果発動することができます。(11/04/18)

Q:《スキルドレイン》表側表示で存在している状態でこのカードの効果発動した場合、相手はチェーンして魔法・罠カード発動することはできますか?
A:このカードの「この効果の発動に対して、相手魔法・罠カード発動することはできない。」という効果モンスター効果としては扱いません。
 よって、相手魔法・罠カード発動できません。(12/05/26)

Q:このカードの効果発動に対して、相手優先権を放棄しました。
  その後、自分はこの効果チェーンして《サイクロン》発動しました。
  この場合、相手はこの《サイクロン》チェーンして魔法・罠カード発動することはできますか?
  また、できるのならば《奈落の落とし穴》《激流葬》等の召喚成功時発動できるカード発動することはできますか?
A:はい、できます。
  《奈落の落とし穴》《激流葬》等の召喚成功時発動できるカードも可能です。(11/04/22)


Tag: 《久遠の魔術師ミラ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1800 守1000

広告