銀河眼の光波竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)/Galaxy-Eyes Cipher Dragon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターの効果は無効化され、
攻撃力は3000になり、カード名を「銀河眼の光波竜」として扱う。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカード以外の自分のモンスターは直接攻撃できない。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 相手表側表示モンスター1体のコントロールエンドフェイズまで得る起動効果を持つ。

 奪ったモンスターは例え弱小トークンだったとしても攻撃力3000になり、アタッカーとして活用できる。
 発動に伴う制約も、奪ったモンスター効果無効になる事と直接攻撃の制限だけなので使いやすい。

 2体のレベルモンスターで出せるランク8のギャラクシーアイズには、《No.62 銀河眼の光子竜皇》《No.107 銀河眼の時空竜》が存在している。
 こちらはメインフェイズ効果を使えるのが最大の利点で、他の2体と違い効果を使った直後に《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》等を重ねる事ができる。
 また、エクシーズモンスターを奪えば、ギャラクシーアイズ扱いとなるためにそちらを《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》等のエクシーズ素材にできる。
 エクシーズモンスターは採用率が高いので、このコンボは比較的狙いやすい。
 ただし、昨今の環境で多く見られる《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》等が持つ「エクシーズ素材にできない」という制約は効果外テキストなので無効にならず、エクシーズ素材にする事はできない。

 壊獣とは相性がよく、相手モンスター除去し、こちらにエクシーズ素材となるレベル8を用意できる。
 相手フィールドに出した壊獣コントロール奪取した後は壊獣扱いではなくなるため、他に壊獣がいても自壊せず、エクシーズ素材にして処理できる。

 エクシーズモンスター以外を奪った場合、コントロールを戻さないためには何らかのカードコストにするなど一工夫がいる。
 そのためだけに採用したところで事故を招いては本末転倒のため、単に一時的且つ間接的なモンスター除去と見て、後続の攻撃を通すという考えでもいいだろう。

 他の2体で出せるランクギャラクシーアイズに比べ上記の利点やアドバンテージを稼げる利点は大きい。
 特に《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》は、デッキ破壊はもちろん、モンスターにしか行えない連続攻撃も制約の影響が少ないので相性は良い。
 一方で、除去効果を持つ《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《銀河眼の光波刃竜》とはそれほど相性が良くない。
 結果として、ランク8を採用するデッキ《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》等のギャラクシーアイズとセットで採用するのであれば、基本的にこのカードが優先される。
 しかし、爆発力に秀でる【ギャラクシー】では直接攻撃に制限がかかる性質上1ターンキルが行えないため必ずしも、他のギャラクシーアイズより優先できるとは限らない。

  • 「遊矢vsカイト」戦では、少なくとも2枚は投入されていることが確認できる。
    複数枚の存在が確認されるギャラクシーアイズは前作から通してこれが初である。
    作中でメインキャラのエクストラデッキに入れているエースモンスターが2枚以上確認されることは、前例が無い訳ではないがそれでも非常に珍しい。
  • 上記のデュエルを観戦していたユート曰く、このモンスターからは強い怒りを感じるとのこと。
    上記の口上もそれを連想させるものとなっている。
    また「カイトvsデニス」戦では、デニスから上記の口上について感想を述べられているが、召喚口上についてキャラクターが触れたのはシリーズ全体で初めてとなる。
  • カイト曰く「このカードは俺の(怒りの)分身」らしい。
    ZEXALシリーズに登場したオリジナルの天城カイトは「《銀河眼の光子竜》を道具として使用してきた」と発言しており、双方の認識の違いが表れているとも言える。
    もっとも、同時に「自分に仲間との出会いのきっかけをくれた」とも語っているので、どちらも自分のエースモンスターを大切にしている点には変わりない。
  • 作中のソリッドビジョンでは、奪った相手モンスターの容姿がこのモンスターと同じ姿になっている。
    それ故、攻撃名も上記の《銀河眼の光波竜》のものとなっている。
  • 第110話の「カイトvsアカデミア軍」戦では、(省略されているため詳細は不明だが)このモンスターを5体並べて一掃している。
    ルール上同名カードは3枚までしか入れられないが、並んでいる内の4体はコントロール奪取によるカード名変更を絡めて並べたものである。

関連カード

―《銀河眼の光波竜》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:この効果コントロール自分に移っているモンスター相手《エネミーコントローラー》効果コントロール相手に移った場合、そのモンスター効果無効化されずに、攻撃力カード名は元に戻りますか?
A:いいえ、その場合でもエンドフェイズまで効果無効化され、攻撃力は3000でカード名は《銀河眼の光波竜》のままになります。(16/05/18)

Q:相手フィールド《コトダマ》と、それとは別にもう1体のモンスターがいます。
  《コトダマ》ではない方を対象自分の《銀河眼の光波竜》が効果発動した場合、《銀河眼の光波竜》が2体になり破壊される事になりますがどちらのフィールド上で破壊される扱いになりますか?
A:名前が《銀河眼の光波竜》になったモンスターは、自分フィールド上で破壊される事となります。(16/05/26)

Q:自分フィールド《怒炎壊獣ドゴラン》《銀河眼の光波竜》、相手フィールド《海亀壊獣ガメシエル》が存在する時、《海亀壊獣ガメシエル》対象効果発動できますか?
A:はい、発動できます。
  「コントロールの移動」「効果無効化」「名前の変更」は全て同時に行われ、こちらのフィールドに来る時はすでに《海亀壊獣ガメシエル》の名前は《銀河眼の光波竜》になっているため、壊獣効果《海亀壊獣ガメシエル》破壊されることはありません。(16/11/02)


Tag: 《銀河眼の光波竜》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ギャラクシー ギャラクシーアイズ サイファー

広告