(つるぎ)(きらめ)き/Sword of Sparkles》

装備魔法
「X−セイバー」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する事ができる。
また、自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースする事で、
自分の墓地に存在するこのカードをデッキの一番上に戻す。

 ANCIENT PROPHECYで登場した装備魔法
 X−セイバー専用の装備カードで、戦闘破壊時に破壊効果墓地に存在する時にはデッキトップ戻す効果を発揮する。

 単体強化効果は持たないが、戦闘破壊に成功すれば相手カードを1枚破壊できる。
 あらゆるカード破壊でき、モンスタートークン戦闘破壊しても効果が使えるので、汎用性は悪くない。
 ダメージステップ破壊するため、チェーンもされにくい。
 しかし、相手セットした魔法・罠カード発動されて攻撃を妨害される可能性もあるため、《トラップ・スタン》等も併せて使いたい。

 後半のデッキトップ戻す効果は、コストが必要な上にドローロックになり兼ねないので、無理に使う必要は無い。
 《デーモンの斧》と異なり任意のタイミングで使えるため、《デーモンの宣告》《サンライト・ユニコーン》等ですぐにドローできる場合にのみ使用するとよい。
 リリースするモンスターX−セイバーでなくてもよいため、コントロール奪取したモンスターコストにしても良い。

 墓地効果目当てで【X−セイバー】以外のデッキに投入したこのカードドローしてしまった場合、《ツインツイスター》などの手札コストにするくらいしか使い道がなくなってしまう。
 一応、《M.X−セイバー インヴォーカー》を採用しているデッキならばこのカードを装備してリンク素材に使うことで墓地に置くこともできるが、結果ディスアドバンテージとなるので何かしらの対策は講じておきたい。

 リンク召喚の登場により、このカードにも転機が訪れている。
 《ファイアウォール・ドラゴン》リンク先モンスターを用意し、そのモンスターをこのカード効果コストリリースすることにより、手札モンスターを展開できる。
 さらには、《ファイアウォール・ドラゴン》効果を使用するためにリンク召喚した《セキュア・ガードナー》墓地へ送り、さらに《ファイアウォール・ドラゴン》効果発動することもできる。
 また、墓地のこのカードデッキに戻すことにより、《聖騎士の追想 イゾルデ》効果コストを継続的に準備することができる。
 リリースが必要になるが、コストに制限はないため、トークン《グローアップ・バルブ》などの自己再生できるモンスターなどでもよい。

 デッキから直接墓地に送っても自身の墓地効果デッキへ戻すことができる装備魔法は他にも《執念の剣》が存在するが、あちらは墓地に送られたら強制効果デッキトップへ戻ってしまう。
 先述の《ファイアウォール・ドラゴン》とのコンボなどで大量展開する場合はこちら、《水晶機巧−ハリファイバー》《幽鬼うさぎ》などでドローロックを回避しつつ展開を小規模に抑える場合は《執念の剣》、とデッキによって使い分けるといいだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:チェーンブロックが発生するのはどのタイミングですか?
A:「カードの発動時」「戦闘破壊成功時」「回収効果使用時」です。
  なお、回収効果自分メインフェイズにのみ、スペルスピード1で使えます。(09/04/19)

Q:相手フィールド上のカード対象にとりますか
A:対象にとります。(09/05/24)

Q:リリースコストですか?
A:コストです。(09/05/24)

Q:相打ち時に破壊できますか?
A:できません。(09/08/22)


Tag: 《剣の煌き》 魔法 装備魔法

広告