賢者(けんじゃ)聖杯(せいはい)/Wiseman's Chalice》

通常魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
相手の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
このターンのエンドフェイズ時、
この効果で特殊召喚したモンスターのコントロールを相手に移す。
また、この効果で特殊召喚したモンスターはリリースできず、
シンクロ素材とする事もできない。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した通常魔法
 相手墓地モンスターを制約付きで蘇生し、エンドフェイズ相手コントロールを戻す効果を持つ。

 類似する《自律行動ユニット》と比較すると、コストが不要で完全蘇生であるがリリースシンクロ素材には使用できない。
 また、相手墓地を利用する性質上、相手デッキによっては役に立たなくなる可能性がある。
 エンドフェイズ相手コントロールを戻すと大きなディスアドバンテージになるため、エンドフェイズ前に処理してしまいたい。
 リリース以外のコスト融合素材エクシーズ素材リンク素材に使用する事は自由なので、難しくはないだろう。

 特にリンク素材は素材指定が緩い場合が多いので処理しやすく、リンクモンスターを奪えればさらに大型のリンクモンスターリンク召喚も視野に入る。
 ミラーマッチならば相手モンスター自分デッキとも相性が良く、そのまま運用できる事も多い。
 主流デッキならばミラーマッチになる可能性も高く、マッチ2戦目を想定してサイドデッキに投入しておくという手も考えられる。

 【E・HERO】では神属性以外のモンスターを全て融合素材に利用可能で、《ミラクル・フュージョン》ならば更に除外もできるため、後腐れがない。
 《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》《アルカナフォースEX−THE DARK RULER》等の召喚コストにしてもいい。
 《The アトモスフィア》《サイバー・ヴァリー》と併用すれば相手墓地掃除にも一役買ってくれる。
 コントロールを移す事を逆手に取り、《反目の従者》ダメージを与えるという利用法もあるだろう。

  • モンスターに課せられる制約は相手フィールドに移ってからも継続される。
    しかし、基本的には戻さない事を前提に運用した方がよいだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:コントロール相手に移した後も、リリースシンクロ素材にできない制約は適用されますか?
A:適用されます。(10/04/17)

Q:コントロールを移す効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(10/04/18)

Q:相手フィールドモンスターカードゾーンが埋まっている場合、このカード発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/04/18)

Q:相手フィールドモンスターカードゾーンが埋まっている場合、蘇生したモンスターエンドフェイズにどのように処理しますか?
A:そのモンスター破壊されます。(10/04/18)

Q:《不意打ち又佐》等の「コントロールを変更する事はできない。」効果を持つカード特殊召喚した場合、どのように処理しますか?
A:自分の場に残り続けます。(10/04/17)

Q:蘇生したモンスター《月の書》発動した場合、リリースシンクロ素材にできない制約はなくなりますか?
  またコントロール相手に移しますか?
A:はい、その制約はなくなり、コントロールも移りません。(10/04/18)

Q:蘇生したモンスター《亜空間物質転送装置》を使用した場合、リリースシンクロ素材にできない制約はなくなりますか?
  またコントロール相手に移しますか?
A:はい、その制約はなくなり、コントロールも移りません。(10/04/18)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》でこのカードをめくり、次のターン発動した場合、リリースシンクロ素材にできない制約はなくなりますか?
  またコントロール相手に移しますか?
A:いいえ、その場合でもリリースシンクロ素材にできず、コントロールは移ります。(10/04/18)

Q:蘇生したモンスター《強制転移》相手の場に移した場合、エンドフェイズコントロールはどうなりますか?
A:相手コントロールを得たままです。(10/07/30)

Q:蘇生したモンスター《禁じられた聖槍》を使用した場合、リリースシンクロ素材にできない制約はなくなりますか?
  またコントロール相手に移しますか?
A:いいえ、リリースシンクロ素材にはできず、コントロール相手に移します。(10/12/29)


Tag: 《賢者の聖杯》 魔法 通常魔法

広告