幻魔皇(げんまおう)ラビエル/Raviel, Lord of Phantasms》

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する悪魔族モンスター3体を
生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
相手がモンスターを召喚する度に自分フィールド上に「幻魔トークン」
(悪魔族・闇・星1・攻/守1000)を1体特殊召喚する。
このトークンは攻撃宣言を行う事ができない。
1ターンに1度だけ、自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる事で、
このターンのエンドフェイズ時までこのカードの攻撃力は
生け贄に捧げたモンスターの元々の攻撃力分アップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 SHADOW OF INFINITYで登場した闇属性悪魔族特殊召喚モンスター
 三幻魔の1体であり、悪魔族モンスター3体を生け贄に捧げて特殊召喚する召喚ルール効果トークンを生成する誘発効果生け贄を捧げて強化される起動効果を持つ。

 特殊召喚には悪魔族3体が必要な重いモンスターである。
 《増殖》《終焉の焔》《幻銃士》など、トークンを利用するのが効率的だろう。
 特殊召喚扱いのため、《魔界発現世行きデスガイド》《バグマンX》などの召喚時にモンスターを増やすカードも併用できる。
 このカード自身は、《混沌幻魔アーミタイル》を見せる事で《融合準備》によるサーチが可能である。

 1つ目の効果相手モンスター召喚する度にトークン特殊召喚する誘発効果
 生成された幻魔トークン生け贄シンクロ素材としての利用に制限はないが、そのままでは相手攻撃の的になるだけである。
 またこのカードフィールドに存在する時に相手表側攻撃表示召喚する場合は大抵シンクロ召喚エクシーズ召喚モンスター効果等によるこのカード除去狙いなので、が増える程度にしかならない。
 トークンの利用手段が少ないならば《エンペラー・オーダー》ドローに変換し、アドバンテージに変えてしまうのも手か。

 2つ目の効果は、1ターンに1度自分モンスター生け贄に捧げる事で攻撃力を上昇させる起動効果
 ボード・アドバンテージを減らすため、攻撃を防がれた場合のリスクが大きい。
 戦闘ダメージを上げたり、モンスターカードゾーンが埋まりすぎた時に自発的に減らす用途で使うことになる。

 特殊召喚してアタッカーとするには使いにくいが、融合召喚に利用できる【ダーク・ガイア】なら採用の余地がある。
 《トーチ・ゴーレム》等と違い手札交換カードに対応していないが、《E・HERO プリズマー》効果墓地へ送る事ができる。
 《E・HERO プリズマー》は他の融合素材墓地へ送る事もでき、《E・HERO エアーマン》サポートカードも共有できる。
 《ヒーローアライブ》から《ラヴァルバル・チェイン》につないで《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》墓地へ送り《ダーク・コーリング》発動すれば、2枚消費で合計攻撃力は9300となる。
 《E−HERO ダーク・ガイア》効果により相手フィールドモンスターの合計攻撃力1300までが1ターンキル圏内に収まる。

  • おそらくカード名の由来は四大天使の一員「ラファエル」だろう。
    ラファエルは元々はバビロニア南部のカルデア人によって信仰されていた神格であり、「ラビエル」と呼ばれていた。
  • 初登場時の効果は以下のようになる。
    このカードを生け贄召喚する場合、三体の生け贄を捧げなければならない。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    罠の効果を受け付けず、魔法・効果モンスターの効果は
    発動ターンのみ有効となる。
    相手がモンスターを召喚・特殊召喚した時、自分フィールド上に「幻魔トークン」
    (悪魔族・闇・星1・攻/守1000)を同じ数だけ特殊召喚する。
    このトークンは攻撃宣言を行う事ができない。
    1ターンに1度だけ、自分フィールド上のモンスター2体を生け贄に捧げる事で、
    このターンのエンドフェイズ時までこのカードの攻撃力は
    生け贄に捧げたモンスターの攻撃力分アップする。

関連カード

―「リリースによって自己強化する」効果を持つモンスター《アイルの小剣士》を参照。

このカードを使用する主なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《ワイトキング》等の元々の攻撃力が変化している状態のモンスターリリースした場合、アップする数値はどの数値を参照にしますか?
A:テキストに記載されている元々の攻撃力の数値を参照にします。(10/05/27)

広告