古代(こだい)遠眼鏡(とおめがね)/Ancient Telescope》

通常魔法
相手のデッキのカードを、上から5枚まで見ることができる。
その後カードを元通りにする。

 BOOSTER3で登場した通常魔法
 相手デッキを一部ピーピングする。

 最大で5ターン先までの相手ドロー確認でき、《徴兵令》《はたき落とし》《強烈なはたき落とし》で目的のカードを狙い撃ちにできる。
 相手手札を把握しやすい事から《異次元の指名者》《マインドクラッシュ》も活用の機会がある。
 ピーピングできる枚数は3枚だが相手デッキトップを操作できる《盗み見ゴブリン》と比べると、こちらは一度に5枚のデッキトップを確認できるのが利点。

 だが、サーチリクルーター墓地肥やしなどデッキの並びが変わるカードを使われると無意味になる。
 永続魔法故に破壊されやすく、自分デッキトップも晒す必要があるが、6枚目以降やデッキシャッフルされても常に確認できる《天変地異》の方が使いやすい。

  • 確認するのは「5枚まで」なので、4枚以下を選択する事も可能である。
    このおかげで相手デッキが4枚以下でも発動できるようになっている。
    なお、空撃ちに該当するため1枚も見ないという事はできない。

関連カード

相手デッキの一番上確認する効果

―《古代の遠眼鏡》が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動し、相手カードを1枚も確認しないという事は可能ですか?
A:いいえ、できません。(12/04/23)


Tag: 《古代の遠眼鏡》 魔法 通常魔法

広告