甲虫装機(インゼクター) ホッパー/Inzektor Hopper》

効果モンスター
星4/闇属性/昆虫族/攻1700/守1400
1ターンに1度、自分の手札・墓地から「甲虫装機」と名のついた
モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターのレベルは4つ上がる。
また、装備カード扱いとして装備されているこのカードを墓地へ送る事で、
このターン装備モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
この効果を発動するターン、
装備モンスター以外のモンスターは攻撃できない。

 EXTRA PACK 2012で登場した闇属性昆虫族下級モンスター
 装備カード扱いとなった自身を墓地へ送る事で、装備モンスター直接攻撃を可能にする効果を持つ。

 利用できるのは必然的に【甲虫装機】になるが、下手にモンスターを残した状態でライフ・アドバンテージを稼いでも、返しにエクシーズ召喚などで利用され、手痛い反撃を受ける可能性は高い。
 また、《甲虫装機 ホーネット》による除去や、《甲虫装機 グルフ》からのエクシーズ召喚といった動きに関しては、直接攻撃の必要性が薄くなる。
 能動的に墓地へ送る事ができるため、《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》との相性は良いものの、素直に《甲虫装機 グルフ》の数を増やしたり、《終末の騎士》《キラー・トマト》などで他のモンスターを補助したほうが有用である。

 しかし《孵化》《トランスターン》を用いる構築であれば話は変わる。
 これを利用するデッキでは《甲虫装機 グルフ》の3枚積みが前提で、連携がとれず速度の遅い《終末の騎士》《キラー・トマト》に回す召喚権はない。
 レベル3の甲虫装機から上記カードリクルートでき、手札に来ても困らないため、ピン挿しでも展開パターンを増やす事に貢献する。

 また下級甲虫装機では元々の攻撃力が最も高いため、《甲虫装機の魔剣 ゼクトキャリバー》を装備すれば、《闇のデッキ破壊ウイルス》コストになりつつ、自身を含む甲虫装機サルベージできる。
 また装備カードとなった場合、レベルが4つ上昇するため、ランク7のエクシーズ召喚の補助にも使うことができる。

  • 「ホッパー(Hopper)」とは、英語で「飛び跳ねる虫」、特に「バッタ」を指す。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:先攻ターン目で装備カード扱いとして装備されているこのカード墓地へ送って、このカード効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/10/15)

Q:メインフェイズ2で装備カード扱いとして装備されているこのカード墓地へ送って、このカード効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/10/15)

Q:装備カード時の効果を2体以上のモンスターに使用した場合はそのターン中、全てのモンスター攻撃できませんか?
A:既にこの効果適用されているモンスターが存在する場合、再び《甲虫装機 ホッパー》 の装備カード時の効果発動することはできません。(12/10/15)

Q:《光の護封剣》などで攻撃ができない状態で、装備カード時の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/10/15)

Q:《流星の弓−シール》などで直接攻撃できるモンスターに装備されているこのカード効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/10/15)


Tag: 《甲虫装機 ホッパー》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 昆虫族 攻1700 守1400 甲虫装機

広告