剛鬼(ごうき)ザ・グレート・オーガ/Gouki The Great Ogre》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2600
【リンクマーカー:左下/下/右下】
「剛鬼」モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドのモンスターの攻撃力は、そのモンスターの元々の守備力分ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を破壊できる。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性戦士族リンクモンスター
 モンスター攻撃力元々の守備力分ダウンさせる永続効果、自身が破壊される代わりにリンク先モンスター身代わりにできる永続効果を持つ。

 リンク素材剛鬼縛りがある上にリンク3なので少々重いモンスターである。
 1枚で剛鬼モンスター2体を用意できる《剛鬼再戦》の活用が基本となるだろう。
 リンク召喚後は、剛鬼モンスター共通の墓地へ送られた場合に発動するサーチ効果ディスアドバンテージは即座に回復できる。
 エクストラモンスターゾーンに出せさえすれば、下方向3つのリンクマーカーによりエクストラデッキからの展開が大幅に広がる。

 (1)の効果により、守備力0のものを除く大半のモンスター弱体化を強いる事ができる。
 敵味方を問わず全てのモンスター適用されるものの、リンクモンスターゆえ守備力が存在しないこのカードは影響を受けない。
 また、剛鬼モンスターは全てリンクモンスターもしくは元々の守備力が0であるため、【剛鬼】で扱う分には相手モンスターだけを弱体化できる。
 攻撃力は2600と多少心許ないが、相手ステータス低下分を考慮すると、戦闘において突破される事は少ないだろう。
 ただし、相手リンクモンスター元々の守備力0のモンスターもこの効果の影響を受けない点には注意しておきたい。

 破壊耐性は別のモンスター身代わりにするもの。
 リンクマーカーの位置から、このカードエクストラモンスターゾーンに存在する時にしか使えない。
 身代わりにできるモンスターは自身のリンク先モンスターに限定されているものの、リンク先は3か所もあるので困ることは少ない。
 メインデッキに入る剛鬼モンスターは全て、フィールドから墓地へ送られた場合に別の剛鬼モンスターサーチできる効果を持っているため、これらと組み合わせて自身を守りつつアドバンテージを稼ぐ事ができる。
 とはいえ基本的に発動相手依存となるため、こちらの効果はオマケ程度に見ておくのが無難だろう。

 壊獣とは相性が良く、このカードの影響を受けないリンクモンスターや、《RR−アルティメット・ファルコン》《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》といった厄介な大型を低攻撃力モンスターに変換できる。
 《海亀壊獣ガメシエル》または《粘糸壊獣クモグス》ならば攻撃力が0になるので、そのまま攻撃するだけで2600ものダメージを与えられる。

 総じて、剛鬼とのシナジーを強く意識した効果となっており、【剛鬼】のメインアタッカーとして活躍できるカードである。

  • カード名の由来は、実在のプロレスラーである「ザ・グレート・カブキ」、もしくは「ザ・グレート・サスケ」のどちらかであろう。
    前者は1980年代に活躍した代表的なペイントレスラーで、プロレスラーに多い「グレート」のリングネームの元祖でもある。
    後者は岩手県議も務めた事で有名な覆面レスラーであり、現在も現役で活躍している。
    「オーガ(Ogre)」については《岩窟魔人オーガ・ロック》を参照。
  • Go鬼塚がPlaymakerに先じてこのカードリンク召喚した際、プロレスにおいて相手の得意技を先に繰り出すことになぞらえて「掟破りの逆リンク召喚」と実況されていた。
  • アニメVRAINSの第25話で高架にモンスターの姿をした子供が3人いたのだが、中央の少年は角と毛、胸部を見るにこのモンスターのコスプレをしていたようだ。

関連カード

―《剛鬼ザ・グレート・オーガ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《剛鬼ザ・グレート・オーガ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 戦士族 攻2600 剛鬼

広告