黒・爆・裂・破・魔・導(ブラック・バーニング・マジック)/Dark Burning Magic》

速攻魔法
(1):元々のカード名が「ブラック・マジシャン」と
「ブラック・マジシャン・ガール」となるモンスターが
それぞれ自分フィールドに存在する場合に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

 決闘者の栄光−記憶の断片− side:闇遊戯で登場した速攻魔法
 自分フィールド《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》が存在する場合に相手フィールドのカードを全て破壊する効果を持つ。

 ノーコストかつデメリットが付随しない速攻魔法にして、相手のみをフィールドリセットする。
 発動さえできれば、自分ターンの攻めだけでなく、相手ターンの妨害にも使用できる。
 《黒魔族復活の棺》《マジシャンズ・サークル》《ディメンション・マジック》等、相手ターンに奇襲的に条件を揃える運用の選択肢が豊富な点も魅力である。
 《マジシャンズ・ナビゲート》も有力で、《ブラック・マジシャン》手札に有れば相手ターンで展開、このカード除去を狙うといった動きも可能。
 《ブラック・マジシャン》攻撃宣言時に《マジシャンズ・サークル》《ブラック・マジシャン・ガール》リクルートする運用も狙える。
 《マジシャンズ・サークル》効果相手魔法使い族リクルートするが、このカードで他のカードもろとも破壊できる。

 しかし、特定の2枚が必要な点や除去方法が対策されやすい破壊である点など欠点も多い。
 速攻魔法であるため《D−HERO ダイヤモンドガイ》での使用もできない上、「元々のカード名」と指定されているため《E・HERO プリズマー》などで代用することもできない。
 また、《ブラック・マジシャン》に比べ《ブラック・マジシャン・ガール》フィールドに出した後のサポートも少なく、中核に据えづらいため、【ブラック・マジシャン】においても採用は必須ではない存在である。
 よって、狙うのであれば《ブラック・マジシャン・ガール》の運用を吟味することが重要となってくる。

 ただし、発動条件を満たしたとしても、該当の2体の攻撃力だけでは1ターンキルに届かず、反撃を食らう恐れがある。
 このカード自体が迎撃用のカードとしては最高峰の除去性能を持っているので、無理に1ターンキルを狙いに行くよりは腰を据えて戦う事を考えるべきだろう。
 上記の2体が並べば相手はこのカードをある程度警戒しなくてはならず、展開抑制としての役割も期待できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《黒・爆・裂・破・魔・導》 魔法 速攻魔法

広告