最終戦争(さいしゅうせんそう)/Final Destiny》

通常魔法
手札を5枚捨てて発動する。
フィールド上に存在するカードを全て破壊する。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した通常魔法
 5枚の手札コストと、お互いフィールドのカードを全て破壊する効果を持つ。

 リセット効果だが、発動時に自分はこのカードも含めて6枚分のディスアドバンテージを負い、さらに自分フィールドのカードも全て破壊される。
 普通に使っても手札コストに釣り合う損害を相手に与えるのは難しい。
 加えて発動後は手札自分フィールドカードがほぼ0になり、攻め込むことが難しくなる。
 また、無効にされた場合、5枚の手札コストが無駄になる危険も大きい。
 墓地誘発系の効果を組み合わせるといった策を講じない限りは、そこからラッシュを掛ける事が非常に難しい。
 そもそも序盤以外では発動条件をクリアする事すら困難であり、普通のビートダウンデッキでは大抵の場合腐る

 何より、こちらより容易に全体除去ができる《ブラック・ローズ・ドラゴン》《励輝士 ヴェルズビュート》が存在している。
 メインデッキカードエクストラデッキカードの違いこそあれ、専用デッキを特に作ることなく出せ、圧倒的にコストの少ないそれらの方が無効にされた時のリスクも少ない。

 一応、【凡骨ビート】【凡骨融合】《凡骨の意地》を軸とするデッキでは手札を大幅に増強できる性質上、切り札として使う事もできなくもない。
 【天使族】でも《光神テテュス》手札を稼ぎ、このカード捨てたモンスター《アテナ》蘇生したり、《究極時械神セフィロン》召喚条件にしたりなどのコンボが可能。

  • コナミのゲーム作品において―
    GB版ではDM4から登場。
    その効果は、お互いフィールド手札カードを全て破壊するというとんでもないものになっていた。
    ただしこれを使用した場合、先にドローするのは相手であるため、自分が不利な状況に陥ることも少なくなかった。
    しかしDM8などにおいては、神のカードはこの効果では破壊されないため、神のカードを出しておけば相手の反撃の目を摘む事ができる。
    DUEL TERMINALのスピードデュエルでは、隠しデッキトリシューラの咆哮!!」に収録されている。
    しかし、初期手札が4枚、手札の上限枚数が5枚のスピードデュエルでは、通常のデュエル以上に発動させるのが困難である。
    WCS2009ではスピードスペルとして登場している。
    但し、発動条件にスピードカウンター2個+手札5枚という強烈なコストが必要となっており、使う機会は殆どないだろう。

関連カード

お互いフィールドのカードを全て破壊する効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《最終戦争》 魔法 通常魔法

広告