時械神(じかいしん)ラツィオン/Lazion, the Timelord》

効果モンスター
星10/炎属性/天使族/攻   0/守   0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
相手の墓地のカードを全てデッキに戻す。
(4):1ターンに1度、相手がドローした場合に発動する。
相手に1000ダメージを与える。
(5):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した炎属性天使族最上級モンスター
 時械神共通の効果戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に相手墓地カードを全てデッキ戻す誘発効果相手ドローした場合にダメージを与える誘発効果を持つ。

 時械神共通の使い方については《時械神メタイオン》を参照。

 (3)の効果は、戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に、相手墓地カードを全てデッキ戻す効果
 近年は墓地発動するカード墓地アドバンテージを重視するデッキは少なくなく、そういったデッキに対するメタ性能の高い効果である。
 一方で、エクストラデッキモンスター魔法・罠カードを再利用させてしまう恐れもある。
 《強制転移》などで相手送りつけて、自分墓地カードデッキ戻すという使い方も可能。

 (4)の効果は、相手ドローした場合に1000ダメージを与える効果
 ドロー手段を問わないので、相手ドローフェイズに1000ダメージが約束される。
 《ドン・サウザンドの契約》とは相性が良く、メインフェイズ1で合計2000のダメージを与えられ、返しの相手ターン通常のドローも併せて3000のダメージを与えられる。
 ただ、バーン効果に関しては他の時械神でも事足りる。
 あくまでも(3)の効果を基本とし、こちらはおまけと考えた方が良いだろう。
 とはいえ、おまけとしては充分なダメージ量である。

 《ぶつかり合う魂》と相性が良く、相手ライフを支払わなければ戦闘破壊でき、相手フィールドカード墓地に送った上で、(3)の効果デッキに戻せる。
 相手ライフを支払った場合、(2)の効果戦闘破壊されないため、《ぶつかり合う魂》デメリットは受けず、ライフが減ったために(4)の効果が脅威となる。

  • モチーフは、エノク書に記される天使の一人「ラツィエル(Ratziel)」(ラジエル(Rasiel)とも呼ばれる)と考えられる。
    座天使の長で「秘密の領域と至高の神秘の天使」の称号を持ち、七大天使の一人とも呼ばれる。
    旧約聖書に登場する生命の樹(セフィロトの樹)のコクマー(知恵)の守護天使でもあり、後述のアニメでもコクマーに位置していた。
  • 攻撃の際には肩の松明を相手に向け、そこから火炎を放射している。
  • 時械神の共通部分を除いたアニメ版のテキストは以下の通り。
    このカードが戦闘を行った場合、
    相手フィールド上に存在するモンスターと
    相手の墓地に存在するカードを全てデッキに戻しシャッフルする。
    相手がドローフェイズにドローした時、1000ポイントのダメージを与える。
    なお、「アポリアvsZ-ONE」戦ではアポリアのフィールドモンスターが存在せず、「遊星vsZ-ONE」戦では攻撃無効にされたため、フィールドモンスター戻す効果は一度も適用されなかった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《時械神ラツィオン》 効果モンスター モンスター 星10 炎属性 天使族 攻0 守0 リクルート不可 時械神

広告