邪神(じゃしん)大災害(だいさいがい)/Malevolent Catastrophe》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 STRUCTURE DECK−マリク編−で登場した通常罠
 攻撃反応罠カードになった《大嵐》である。

 攻撃反応罠カードであるがゆえ、伏せ除去で簡単に対処されてしまう。
 そもそも、相手魔法・罠カード除去したいタイミングは、こちらが安全に攻撃を行いたい場合が主である。
 このカード発動に成功したとしても、メインフェイズ2で相手に再びカードセットする機会を与えてしまう。

 とはいえ、その効果禁止カードである《大嵐》そのものであり、多少使いづらくても環境によっては採用する価値はある。
 戦闘装備魔法フィールド魔法に依存するデッキ、例えば【墓守】【ヴェノム】【装備ビート】などに対しては無類の強さを誇る。
 常に魔法&罠カードゾーンを使用する【炎星】の対抗策としては、非常に優れたカードと言えるだろう。
 【メタビート】系統ではないデッキでも《スキルドレイン》《群雄割拠》等の行動制限罠カードサイドデッキによく見られ、ペンデュラムゾーンなども利用される。
 それらの対抗策として、《ツインツイスター》《ハーピィの羽根帚》を入れて尚このカードも投入されることがある。
 相手バトルフェイズで不意打ち的に使えるのは《ハーピィの羽根帚》にも出来ない芸当。

 また、《大嵐》同様破壊されることで効果発動するカードとの相性が良い。
 特に《歯車街》との相性は抜群で、最大で攻撃力3000の《古代の機械巨竜》を出す事も可能。
 アンティーク・ギアが全て除外でもされていない限りを出しつつ魔法・罠カードを一掃出来る。
 相手ターン破壊できるのでアーティファクトとの相性も良い。

 自分フィールド上にモンスターが存在しないならば、やや不意打ち気味に《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚を狙う事もできる。
 《非常食》と比較して、こちらは相手魔法&罠カードゾーンカードも巻き込んで破壊できるという利点がある。
 ただし、両者の魔法&罠カードゾーンを勘定してこのカード1枚しかない場合は発動できないので注意したい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《邪神の大災害》 通常罠

広告