邪神機(ダークネスギア)獄炎(ごくえん)/Malevolent Mech - Goku En》

効果モンスター
星6/光属性/アンデット族/攻2400/守1400
このカードはリリースなしで召喚する事ができる。
この方法で召喚したこのカードは、
エンドフェイズ時にフィールド上にこのカード以外の
アンデット族モンスターが存在しない場合、墓地へ送られる。
この効果によって墓地へ送られた時、
自分はこのカードの攻撃力分のダメージを受ける。

 ストラクチャーデッキ−アンデットワールド−で登場した光属性アンデット族上級モンスター
 リリースなしで召喚できる召喚ルール効果と、自身を墓地へ送る誘発効果を持つ。
 また、自身の効果墓地へ送られた時にダメージを受けるが、こちらは誘発効果ではなく一連の効果となる。

 アンデット族の主力アタッカーとして使われてきた《龍骨鬼》と同じ攻撃力を持つ。
 妥協召喚ができる事は強みだが、自壊自分へのダメージデメリット効果によってリスクが発生する。
 妥協召喚は不利な状況下でフィールド上に召喚できる利点があるが、このカードでその場しのぎをするのは危険を伴う。
 幸いにもレベル6なので墓地フィールド《ゾンビキャリア》がいればレベル8のシンクロ召喚につなぐことができ、自壊デメリットを回避することができる。
 しかし、このカード光属性であるため、《魔のデッキ破壊ウイルス》などとの相性も悪い。
 《ピラミッド・タートル》から特殊召喚できるため、戦術に応じて使い分けたい。

 自壊する時のコントローラーダメージを受ける為、《強制転移》と相性が良い。
 《反目の従者》と併せると、一気に4800ものライフを削り取れる。
 【転移バーン】では《G・コザッキー》と並ぶカードになる。
 《G・コザッキー》裏側表示でないと自分ダメージがあるので、転移後に表側表示にする手間がかかるが、このカード妥協召喚したエンドフェイズには自動的にダメージを与えることができる。
 その一方で《ギブ&テイク》とのコンボができないのと相手がアンデット族を使用しているとダメージを与えられないので相互互換といえる。

 《マクロコスモス》適用下では除外され墓地へ送られないため、ダメージは受けない。
 アンデット族であり除外とも相性の良い《ネクロフェイス》と組み合わせて専用デッキを組むのも面白いだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:召喚関連は種別無しの効果(召喚ルール効果)、自壊誘発効果ダメージ自壊効果の一連の処理となります。(09/07/15)

Q:このカードリリースなしで召喚した場合、自壊効果発動するのはそのターンのみですか?次ターン以降も発動しますか?
A:毎ターン自壊が発生します。(08/06/21)

Q:自壊した時に受けるダメージ元々の攻撃力分ですか?
A:はい、元々の攻撃力分です。(08/06/21)

Q:ダメージを受けるのは「墓地における持ち主」のプレイヤーですか?
A:いいえ、自壊する時のコントローラーダメージを受けます。(08/08/07)

Q:エンドフェイズ開始時にアンデット族が居ましたが、そのエンドフェイズ中にアンデット族が場を離れました。
  この場合も、そのエンドフェイズ中にこのモンスター自壊しますか?
A:自壊します。(08/06/21)


Tag: 《邪神機−獄炎》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 アンデット族 攻2400 守1400

広告