守護者(ガーディアン)スフィンクス/Guardian Sphinx》

効果モンスター
星5/地属性/岩石族/攻1700/守2400
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在するモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した地属性岩石族上級モンスター
 サイクル・リバースモンスターの一体であり、自身を裏側守備表示にする起動効果と、相手フィールド上のモンスターバウンスする誘発効果を持つ。

 「バウンスから直接攻撃」という流れを、1体のモンスターで毎ターン行える。
 クラスの攻撃に耐える守備力や、《ウェポンサモナー》サーチしやすい利点もある。
 サイクル・リバースには地属性岩石族は数が多く、《トランスターン》リクルートしやすいのも利点。
 また《縮退回路》コンボすれば、相手フィールド上のモンスターを全て除外できる。
 《死皇帝の陵墓》とも相性が良く、【死皇帝の陵墓】でも採用を検討できる。

 高い守備力もさる事ながら、相手ターンでは裏側守備表示で存在する場合が多いので、《地砕き》《ライトニング・ボルテックス》等の表側表示に限定された除去カードにも強い。
 ただし、《抹殺の使徒》《シールドクラッシュ》《ミスティック・ソードマン LV2》等の一部のカードには注意が必要。

 また、バウンスした後には大抵の場合、直接攻撃を狙うことになる。
 それを《聖なるバリア −ミラーフォース−》《次元幽閉》等で妨害されると、再び立て直すまで時間がかかってしまう。
 反転召喚を繰り返す都合から《激流葬》《奈落の落とし穴》《神の宣告》等に対応される事も多いので、《王宮のお触れ》等で罠カードには対策しておきたい。
 相手フィールドがガラ空きになった時も、《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚される可能性がある。
 またペンデュラム召喚の連発に長けた相手は相性が悪く、バウンス後の戦術の厚みがより要求される環境となったのは否めないだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ版DMで、戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていたカードの1枚。

関連カード

―《守護者スフィンクス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《守護者スフィンクス》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 岩石族 攻1700 守2400 ガーディアン スフィンクス

広告