()()がれる(ちから)/Gift of the Martyr》

通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を墓地に送る。
自分フィールド上のモンスター1体を選択する。
選択したモンスター1体の攻撃力は、
発動ターンのエンドフェイズまで墓地に送った
モンスターカードの攻撃力分アップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した通常魔法
 自分モンスター1体を墓地へ送り、その攻撃力分だけ別のモンスター単体強化する効果を持つ。

 コストにしたモンスター攻撃力を別のモンスターに付与でき、理論上最大5000ポイントもの強化が可能。
 だが、既に自分フィールドに出ているモンスターコストにする性質上、自分モンスターの総攻撃力は変わらない。
 速攻魔法ではないので、攻撃を終えたモンスター攻撃力に変換するような動きもできず、直接攻撃時のダメージ増強のためには使いづらい。
 かといって、相手モンスター攻撃力を上回り戦闘破壊するために使うのであれば、《フォース》《月鏡の盾》の方が圧倒的に便利である。
 2枚のディスアドバンテージになる点、1ターンしか効果が持続しない点も含め、戦闘補助カードの中でも使いにくい部類と言わざるをえない。

 使うのであれば、単体強化カードの中でもトップクラスの上昇値を活用したい。
 2回攻撃直接攻撃能力を持つモンスター強化するならば、強化値の高さが活きる。
 コストには、戦闘ダメージを与えられないデメリットを持つ《獣神機王バルバロスUr》や、自壊攻撃不可などのデメリットを負ったモンスターを使うと効率的である。
 強化値は墓地へ送られた時点での攻撃力で判定する為、妥協召喚聖刻効果でのリクルートにより攻撃力が下がっているモンスターコストにしても、元々の攻撃力分の強化が得られる。

  • アニメDMにおいて、城之内が類似した効果を持つ装備魔法《味方殺しの魔剣−バーニング・ソウル−》を使用している。
  • アニメZEXALII(セカンド)では、守備力を永続的に上げる《ガードプラス》が登場している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:リリースなしで召喚した《可変機獣 ガンナードラゴン》墓地へ送った場合、攻撃力は何ポイントアップしますか?
A:墓地へ送られた時点での攻撃力で上昇値は判定しますので、2800ポイントアップします。

Q:モンスター扱いの罠カード墓地へ送ってこのカード発動する事自体できますか?
A:いいえ、墓地へ送って発動する事自体できません。(14/12/01)

Q:元々の攻撃力が0または?のモンスター墓地へ送る事ができますか?
A:いいえ、できません。(18/01/12)

Q:フィールドでの攻撃力が0になっているものの、元々の攻撃力が0ではないモンスターコストにする事はできますか?
A:可能です。(18/01/12)


Tag: 《受け継がれる力》 魔法 通常魔法

広告