十二獣(じゅうにしし)ヴァイパー/Zoodiac Whiptail》

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1200/守 400
(1):自分フィールド上の獣戦士族Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのこのカードを
そのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードを素材として持っている、
元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードが相手モンスターと戦闘を行った
ダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターを除外する。

 レイジング・テンペストで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 手札フィールドからエクシーズ素材になる誘発即時効果獣戦士族エクシーズ素材となっている時に戦闘を行ったモンスター除外する誘発効果を付与するルール効果を持つ。

 (1)の効果により、自身を獣戦士族エクシーズモンスターエクシーズ素材にできる。
 十二獣エクシーズモンスターエクシーズ素材となっている十二獣の攻守の合計がステータスとなるため、攻撃力1200アップのコンバットトリックとして扱える。
 ただし、攻撃力を直接操作するものではないため、ダメージステップ発動することはできない。
 《炎舞−「天キ」》サーチし、握っておきたい。
 攻めに使っても良いし、手札に握っておいて迎撃に使っても良い。
 基本的には手札から発動する事が多いが、このカード召喚して直接攻撃し、その後エクシーズ素材にしてエクシーズモンスター攻撃すれば、1枚で2400ダメージを稼げる事も覚えておきたい。

 (2)の効果獣戦士族エクシーズモンスター《異次元の女戦士》などと同じ「戦闘を行った相手モンスター除外する効果」を付与するもの。
 攻撃力で上回る相手や破壊耐性を持つモンスターも最低限相打ちに持ち込め、こちらの攻撃力が上回る場合でも破壊された時の効果を使わせず除外できる。
 十二獣エクシーズモンスターを重ね、その効果を使い切った後に自爆特攻してさらにアドバンテージを稼ぐ事もできる。

  • モチーフは十二支の「巳」と思われる。
    「ヴァイパー(バイパー)」については《レプティレス・バイパー》を参照。
    • 英語名はSnakeやViperといった蛇を表す単語を含んでおらず、命名則から外れている。

関連カード

―《十二獣ヴァイパー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:『ダメージ計算後発動する』効果は、効果を得たエクシーズモンスター戦闘破壊される場合でも発動しますか?
A:発動できます。(16/10/15)


Tag: 《十二獣ヴァイパー》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻1200 守400 十二獣

広告