侵略(しんりゃく)侵喰感染(しんしょくかんせん)/Infestation Infection》

永続罠
1ターンに1度、自分の手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、
「ヴェルズ」と名のついたモンスター1体をデッキに戻して発動できる。
デッキから「ヴェルズ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 DUEL TERMINAL −星の騎士団 セイクリッド!!−で登場した永続罠
 自分手札またはフィールドヴェルズデッキに戻し、ヴェルズサーチする効果を持つ。

 フィールド手札ヴェルズを状況に応じたヴェルズに入れ替えることができる。
 インヴェルズサポートにもなり、その場合は永続罠ゆえ《インヴェルズの斥候》と併用できない。
 そのため、このカードを採用した場合、インヴェルズリリース手段は《インヴェルズの魔細胞》などに頼ることになる。
 フィールド上のヴェルズコストに使えるため、《インヴェルズの魔細胞》特殊召喚条件も満たしやすく、レベルも問わないためリリース上級モンスターとを使い分けられる。
 また、《ヴェルズ・オピオン》サーチにも対応するので、直接アドバンテージこそ生まないが、使い勝手は悪くない。
 ただしコストとして戻す必要があるため、エクシーズモンスターなどは対応せず、《サイクロン》などをチェーンされるとまるまるディスアドバンテージを負う。

 手札交換の1種とも言える効果であり、《ヴェルズ・ケルキオン》とは高い親和性を発揮する。
 墓地が肥えていない序盤では、あちらを戻して別のヴェルズを用意でき、反対に墓地が肥えた状況ではサルベージしたヴェルズを即座に別のヴェルズに入れ替えられる。
 前者の状況では、《ヴェルズ・カストル》《ヴェルズ・マンドラゴ》サーチしてエクシーズ召喚に繋ぐことで、サルベージ対象と墓地コストの2体を間接的に確保できる。
 無論、《ヴェルズ・オピオン》からこのカードサーチする事でも、《ヴェルズ・ケルキオン》の補助が可能である。

 《ヴェルズ・サンダーバード》サーチ手段ともなり、同時にあちらが弱いチェーンブロックを作らない召喚特殊召喚からの戦闘破壊を回避する事も可能。
 別途手札フィールドヴェルズが必要だが、カードの発動時ならばそれも不要である。
 また、《ヴェルズ・ヘリオロープ》を処理できるので、《レスキューラビット》併用時の手札事故も軽減しやすい。

 罠カードなので、ヴェルズへの除去に対するサクリファイス・エスケープも可能。
 効果チェーンして回収すれば効果解決時フィールドに存在しないので、《スキルドレイン》の影響を回避することもできる。
 これにより《インヴェルズ・ギラファ》等で《スキルドレイン》除去が可能になる。
 また、手札ヴェルズコストに出来ることから、宣言系のハンデスカードに対してもサクリファイス・エスケープのように使える。
 だがサーチしたヴェルズを別のハンデスカードで狙われる可能性もあるので、これらを多用する相手に対しては使用するタイミングを十分考慮したい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エクシーズモンスターエクストラデッキに戻すことで発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/03/08)

Q:《侵略の侵喰感染》の効果相手ターンでも使えますか?また バトルフェイズ中も使えますか?
A:はい、できます。《侵略の侵喰感染》の効果は、相手ターン中にも発動する事ができます。また、バトルフェイズ中でも発動する事ができます。(11/10/14)


Tag: 《侵略の侵喰感染》 永続罠 侵略の

広告