心眼(しんがん)女神(めがみ)/Goddess With The Third Eye》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1200/守1000
このカードを融合素材モンスター1体の代わりにする事ができる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。

 BOOSTER6で登場した光属性天使族下級モンスター
 融合素材代用モンスターの一体であり、融合素材の代わりになるルール効果を持つ。

 融合素材代用モンスターの中では(罠モンスター融合先も限られる《影依の原核》を除けば)最も攻撃力が高い。
 しかし、《沼地の魔神王》《融合呪印生物−光》等と違い、それ以外の効果も持たず、攻撃力も後者とは200しか違わない。
 一応「《融合》を採用しない」「起動効果に対応していない融合モンスターを扱う」といった場合、それらは無用の長物となる。
 また、レベル4の融合素材代用モンスター水属性水族《沼地の魔獣王》とこのカードだけである。
 ランク4のエクシーズ召喚融合召喚を併用するデッキや、天使族を優先したいデッキでは独自のメリットも存在すると言えよう。

 【カオス・ソルジャー】では《超戦士の萌芽》墓地へ送る事で墓地融合に繋ぎやすく、レベル4の光属性なので構築に無理も生じにくい。
 墓地融合を軸とした場合の【E・HERO】や、《融合》が扱えない【E−HERO】では、《E・HERO プリズマー》等とレベル属性が共通し、エクシーズ召喚もしやすい。
 光属性指定のエクシーズモンスター《E・HERO The シャイニング》汎用性の高さもあり、他の属性E・HEROの利用を諦める事になっても、そう不都合はない。
 結果的にデッキとしては利用できる展開元と展開先、双方の組み合わせが増えるため、柔軟性は増していると言える。

  • 「心眼(Mind's eye)」とは、心の目によって目に見えない真実を見抜く力のことである。
    漫画や小説などのフィクションやオカルトでは、超能力の一種であるかのように扱われる事が多い。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「額にある神の眼で全てを見通すことが出来る女神」と書かれている。

関連カード

色違いモンスター

―《心眼の女神》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

 融合素材代用モンスターのFAQを参照。


Tag: 《心眼の女神》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 天使族 攻1200 守1000

広告