(もり)聖獣(せいじゅう) ユニフォリア/Uniflora, Mystical Beast of the Forest》

効果モンスター
星1/地属性/獣族/攻 700/守 500
自分の墓地のモンスターが獣族のみの場合、
このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「森の聖獣 ユニフォリア」以外の
獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した地属性獣族下級モンスター
 自身をリリースする事を条件に、手札墓地から獣族特殊召喚する起動効果を持つ。

 獣族である事以外に特殊召喚対象の制限はないため、最上級モンスターシンクロモンスターも自在に特殊召喚できる。
 ただし、蘇生を狙うのであればモンスター召喚の手間が要らない《エアーズロック・サンライズ》が登場している。
 単体で見るとこのカードが勝るのは対象をとらない効果であるため不発にならない程度で、発動条件デメリットがなく、追加効果まであるあちらに劣る部分は大きい。
 モンスターという性質を活かしてのサーチリクルート、または手札からも特殊召喚ができることを活かせるようにしたい。

 《金華猫》とは非常に相性がよく、召喚権を消費して毎ターン好きな獣族蘇生し続ける事ができる。
 《素早いビッグハムスター》《キーマウス》《ワン・フォー・ワン》等にも対応しており、このカードサーチリクルートは容易。
 シンクロ召喚の補助にも適しており、《素早いビッグハムスター》等で特殊召喚して《虚栄の大猿》《スクラップ・ビースト》蘇生すれば大型シンクロモンスターに繋げられる。

 蘇生の代償として、デッキ獣族で統一する事を求められる。
 《激昂のミノタウルス》《暗黒のマンティコア》は使えず、シンクロモンスターエクシーズモンスターには大きな制限が掛かる。
 同様に種族の統一を求められる《一族の結束》《群雄割拠》を併用し、戦術の狭さを補いたい。
 どうしても他種族が必要な場合、《魂を喰らう者 バズー》除外してしまうのも手である。
 攻撃不可のデメリット《キャトルミューティレーション》で再度特殊召喚することで無視できるほか、《バーサーキング》攻撃力ダウン要員に使うことでも軽減できる。

 特殊召喚するモンスターの候補はある程度限られてくる
 アタッカーを確保するためには攻撃制限があるため、展開できる効果を持つ《レスキューキャット》特殊召喚し、シンクロ召喚エクシーズ召喚に繋ぐといいだろう。
 《森の聖獣 ヴァレリフォーン》蘇生して、その効果再度このカードを出して高レベルモンスター蘇生することで、大型シンクロモンスターを出すこともできる。
 獣族モンスター効果による特殊召喚トリガーとする《森の聖獣 カラントーサ》蘇生魔法カードと差別化することができる。
 【スクラップ】【剣闘獣】といった獣族を内包したテーマデッキはいくつかあるが、種族制限のため採用するのは難しい。
 最上級モンスターを出す場合、獣族最上級モンスターアドバンス召喚時の効果や自己特殊召喚効果を持っているものが多く、旨みに乏しい。
 獣族のサポートができる《百獣王 ベヒーモス》《森の番人グリーン・バブーン》、単純に打点の高い《針三千本》《地縛神 Cusillu》辺りが蘇生候補となるか。
 シンクロモンスターでは魔法カードを封じる《ナチュル・ビースト》や、手札次第で広範囲を封印できる《魔轟神獣ユニコール》のほか、破壊すると後続が出てくる《ライトニング・トライコーン》をしつこく蘇生するのも面白い。

  • 名前の由来はユニコーン+ユーフォリア(Euphoria/イタリア語で幸福感)か。
    語感は良いものの言葉としては今ひとつ意味が通じないため、英語名ではユニコーン+フローラ(Flora/ローマ神話の花の女神)となっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《森の聖獣 ユニフォリア》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 獣族 攻700 守500

広告