真竜皇(しんりゅうおう)アグニマズド(バニッシャー)/True King Agnimazud, the Vanisher》

効果モンスター
星9/炎属性/幻竜族/攻2900/守1900
「真竜皇アグニマズドV」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、
炎属性モンスター2体を破壊した場合、
相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から炎属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで手札に加える。

 ザ・ダーク・イリュージョンで登場した炎属性幻竜族最上級モンスター
 自身を特殊召喚する起動効果とそれに付随する除外効果効果破壊された場合に炎属性以外の幻竜族サルベージする誘発効果を持つ。

 真竜に属し、炎属性水属性地属性風属性に1体ずつ存在する「真竜皇(凰)」の1体。
 このカードに加え、《真竜皇バハルストスF》《真竜皇リトスアジムD》《真竜凰マリアムネ》の計4体が存在し、以下の共通項を持っている。

 専用デッキである真竜皇軸【真竜】では、主に(1)と(2)の効果を使って展開し、切り札《真竜皇V.F.D.》エクシーズ召喚に繋げる。
 逆に各属性デッキにおいて(1)とその追加効果部分を主に活用する事もできる。
 ノーコストで何度でも真竜蘇生できる《真竜皇の復活》は相性が良い。
 《真竜皇V.F.D.》「真竜皇(凰)」の強力なサポートカードでもあり、(1)の効果破壊するモンスター相手フィールドからも選べるようになる上、モンスター属性を統一する効果により追加効果も簡単に得られる。

 (1)の効果の前半部分は、破壊すべき属性を除き4体の「真竜皇(凰)」に共通の効果である。
 【真竜】では、主に同名カード1枚と他の「真竜皇(凰)」1枚を破壊し、展開を行いつつそれぞれの(2)の効果発動させるトリガーとしても扱う。
 その後は破壊された「真竜皇(凰)」効果ディスアドバンテージを回復し、《真竜皇V.F.D.》エクシーズ召喚につなぐ。

 (1)の効果炎属性2体を破壊した場合、相手モンスター1体を除外する追加効果を得られる。
 【真竜】属性がバラけているので《真竜皇V.F.D.》のサポートなしにこの効果は狙いにくいが、【炎属性】系のデッキではむしろこちらがメインとなる。
 フィールドペンデュラムモンスター2体を破壊する、破壊された場合に発動できる効果を持つモンスター破壊する等で、ディスアドバンテージを軽減しておきたい。
 手札《ヴォルカニック・バレット》破壊し、効果同名カードサーチすれば、カード消費を500のライフ消費に抑えられる。

 (2)は効果破壊された場合に炎属性以外の幻竜族1体をサルベージする効果
 サルベージできない炎属性幻竜族下記の通り数が少なく、ほぼ全ての幻竜族サルベージできる。
 【真竜】では使う機会の多い効果だが、【炎属性】系のデッキの場合は炎属性以外の幻竜族を搭載するのは難しいので、こちらの効果はないものと考えて良い。

  • カード名の由来は「アグニ」+「オフルマズド」だろうか。
    「アグニ(Agni)」とは、サンスクリット語の「火」から由来した、インド神話に登場する火神にして神格化された火である。
    地上の人間と天上の神との仲介者であり、浄化の炎を以て暗黒と邪悪を滅ぼすと言われている。
    「オフルマズド(Ohrmazd)」とは、拝火教とも呼ばれるゾロアスター教の最高神であるアフラ・マズダーのパフラヴィー語系での呼び方である。
    善と悪とを峻別する正義と法の神であり、善神と悪神の対立の上に存在する絶対者である。
    世界の終末の日に最後の審判を下し、善なるものと悪しきものを再び分離させると言われている。
    • また、他の真竜皇の存在を鑑みると、モチーフは「ヨハネの黙示録」に登場する3体の獣のうちの1つである「のように赤い大きな竜」だろうか。
  • 「バニッシャー(vanisher)」は英語で「消える者」あるいは「消しさる者」を意味する。
    なおTCG除外を意味する「Banish」は「追放する」という意味で、全く別の単語である。

関連カード

―《真竜皇アグニマズドV》の姿が見られるカード

このカードサルベージできない炎属性幻竜族

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《真竜皇アグニマズドV》 モンスター 効果モンスター 星9 炎属性 幻竜族 攻2900 守1900 真竜

広告