身代(みが)わりの(やみ)

通常罠
(1):フィールドのカードを破壊する
相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。
その後、デッキからレベル3以下の闇属性モンスター1体を墓地へ送る。

 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONで登場した通常罠
 相手発動したフィールドのカード破壊する効果無効にし、その後デッキからレベル3以下の闇属性墓地へ送る効果を持つ。

 効果破壊を防いだ上で墓地肥やしを行える。
 受動的ではあるが、破壊する魔法・罠除去は未だ多く、《サンダー・ボルト》《奈落の落とし穴》等のモンスター除去に遭う機会もあるので、発動条件は比較的満たしやすい。
 該当するモンスターを多く採用するデッキで防御カード墓地肥やしカードとして使うのが良いだろう。
 ただ、能動的に動けず、相手カード除去できるわけでもないので、ビートダウンでの使い勝手はあまり良くない。
 ロックパーミッションといった、やや遅めのデッキの方が使いやすい。
 また、通常罠のため《灰流うらら》の妨害を受ける点には注意。

 墓地へ送る闇属性モンスターとしては《絶対王 バック・ジャック》が筆頭候補。
 このカードが搭載されるデッキ罠カードが多めとなるため、《絶対王 バック・ジャック》罠カードを伏せる効果が活用しやすい。
 その他、墓地で効果を発揮する闇属性には彼岸幻影騎士団なども居る。
 《トリック・デーモン》墓地へ送れば汎用性に優れる《エキセントリック・デーモン》サーチも可能。

 【魔鍾洞】において、《魔鍾洞》破壊を防ぐ手段として採用されることが多い。
 このデッキでは《魔鍾洞》発動するための《メタバース》サーチ要員として《トラップトリック》《悪魔嬢リリス》積むのだが、それらでサーチできる通常罠の防御カードという点が重要。
 《魔鍾洞》に繋ぐためのサーチ手段が破壊を防ぐ手段にもなるため、《魔鍾洞》を用意した後も腐ることなく布陣を強固にできる。
 この際墓地へ送る闇属性は上記の《絶対王 バック・ジャック》が理想的だが、フィールドモンスターを出せない【魔鍾洞】では《絶対王 バック・ジャック》手札に来ると腐る
 安定性向上のため《絶対王 バック・ジャック》搭載は諦め、元から積んでいる《悪魔嬢リリス》墓地へ送る【魔鍾洞】も多い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《身代わりの闇》 通常罠

広告