星遺物(せいいぶつ)−『星杯(せいはい)』/World Legacy - "World Chalice"》

効果モンスター
星5/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合、
このカードをリリースして発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。
(2):通常召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「星遺物−『星杯』」以外の「星杯」モンスター2体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「星遺物」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性機械族上級モンスター
 EXデッキから特殊召喚されたモンスター墓地へ送る誘発効果同名カード以外の星杯モンスター2体をリクルートする誘発効果星遺物カード1枚をサーチする起動効果を持つ。

 (1)の効果は自身をリリースすることでエクストラデッキから特殊召喚に成功したモンスター除去
 特殊召喚無効と違い特殊召喚成功時効果は許してしまうが、対象をとらない墓地送りなので、効果を受けない以外の耐性を突破して除去ができる。
 とはいえ除去されることが分かっている状況でエクストラデッキから特殊召喚するとは思えないので、牽制役が主なものとなるだろう。
 また、このカードステータスは非常に低く、素材となるモンスター戦闘破壊されるため、何かしらの補助は必須。

 (2)の効果通常召喚されたこのカードフィールド離れた場合に同名カード以外の星杯モンスター2体をリクルートする効果
 相手効果による除去戦闘破壊でも発動するが、能動的に使うのならばリンク素材などの方法で発動したい。
 ただし、通常召喚する必要があり、上級モンスターなので通常はアドバンス召喚する必要がある。
 《星杯竜イムドゥーク》とは相性がよく、あちらの(1)の効果召喚権を増やせるのでアドバンス召喚が楽にできる。
 更にあちらの(3)の効果モンスターを別に並べられるので、このカードとでリンク召喚を行えばそのままリクルートに繋げられる。

 (3)の効果墓地から自身を除外して星遺物カード1枚をサーチする効果
 墓地へ送られたターンには発動できないものの、(1)の効果リンク素材墓地へ送ったこのモンスターハンド・アドバンテージに変換できる。
 ただし蘇生カード《星遺物の導き》とは相性が悪いので乱用には注意が必要。

関連カード

―《星遺物−『星杯』》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星杯』》 モンスター 効果モンスター 星5 闇属性 機械族 攻0 守0 星遺物 星杯

広告