星遺物(せいいぶつ)胎導(たいどう)/World Legacy Monstrosity》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札からレベル9モンスター1体を特殊召喚する。
●自分フィールドのレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとは元々の種族・属性が異なる
レベル9モンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 DARK NEOSTORMで登場した速攻魔法
 レベルモンスター特殊召喚する2種類の効果を持つ。

 2つの内1つを選択するが、いずれもレベル9を特殊召喚する効果なので【レベル9】では必須カードとなる。

 1つ目は手札から1体の特殊召喚
 発動条件・制約・デメリットのいずれも無いので扱いやすいが、カード消費の観点ではディスアドバンテージとなる。

 2つ目はレベル9のモンスター2体のリクルート
 フィールドレベル9が必要だが、2体リクルートすれば3体素材も含めたランク9のエクシーズ召喚を狙える。
 放置した場合はエンドフェイズ破壊されるが、《夢幻転星イドリース》が存在すれば破壊耐性により維持できる。
 また、《星遺物の守護竜メロダーク》《機怪神エクスクローラー》真竜皇なら破壊されても固有効果を使える。
 なお、種族属性対象としたカードを参照するため、リクルートするモンスター2体が同じ種族属性でも問題ない
 特殊召喚したモンスター《真竜皇V.F.D.》などのランク9のエクシーズ素材《星神器デミウルギア》などのリンク素材に使用すると良いだろう。

 できる事ならばアドバンテージに優れた2つ目の効果を狙い、1つ目の効果は他に展開手段が無い場合などに用いたい。
 このカードに依らずにレベルモンスターを能動的にフィールドに用意する手段としては、以下の方法が考えられる。
 【レベル9】のページも参照すると良い。

  1. 《死皇帝の陵墓》を用いて召喚する。
  2. 《シャインエンジェル》《占術姫コインノーマ》などのリクルーターを用いて特殊召喚する。
  3. 《巨大戦艦 ブラスターキャノン・コア》《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》《影依の原核》や、各種真竜皇(凰)を自身の効果特殊召喚する。
  4. 《ブンボーグ003》《ブンボーグ009》リクルートする。
  5. 《妨げられた壊獣の眠り》《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》もしくは《対壊獣用決戦兵器メカサンダー・キング》リクルートする。
  6. トークンを展開してリンクモンスターを出し、《星杯の守護竜アルマドゥーク》《氷獄龍 トリシューラ》特殊召喚する。
  7. レベル9のシンクロモンスター特殊召喚する。
  8. 《儀式の下準備》などを使用して《聖占術姫タロットレイ》儀式召喚する。

 以上の中でも《聖占術姫タロットレイ》は併用可能なレベル9のリバースモンスターのいずれとも属性種族が異なるので、このカードとの親和性が特に高い。

 また、このカード《星杯の神子イヴ》サーチできるので、シンクロ召喚とはシナジーがある。
 例えば《召喚僧サモンプリースト》効果《トレジャー・パンダー》リクルートし、さらに《トレジャー・パンダー》効果レベルチューナーリクルートすれば、《星杯の神子イヴ》シンクロ召喚しこのカードサーチしつつ、レベルシンクロモンスターシンクロ召喚する準備が整う。

  • カード名の「胎導」は「胎動」を意識した言葉だろう。
    「胎動」とは本来「母胎内で胎児が動くこと」を意味するが、転じて「新しい物事が、内部で動き始めること」という意味でも使われる。

関連カード

イラスト関連

特殊召喚可能なレベルモンスター

真竜

ジェネレイド

―それ以外

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星遺物の胎導》 魔法 速攻魔法 星遺物

広告