星遺物(せいいぶつ)導き(みちび)

通常罠
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「星遺物」モンスター1体を除外し、
自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常罠

 星遺物モンスターコストに1度に2体を完全蘇生可能な2:2交換蘇生カード
 攻撃できないデメリット相手ターン発動することで帳消しにできる。

 発動コスト星遺物モンスターに指定されており、腐る可能性は高い。
 現状で該当するのは上級モンスター《星遺物−『星杯』》だけだが、《星杯の妖精リース》サーチ可能なのでフォローはしやすい。
 コストの支払いは基本的に手札からになるだろうが、アドバンス召喚した《星遺物−『星杯』》フィールドから除外すればあちらの効果トリガーにできる。

 ただしこのカード除外してしまうと《星遺物−『星杯』》自身の持つ墓地から除外して発動する効果は使えなくなってしまう。
 このカードも含め星杯関連のカード墓地リソースに重点を置いた効果が多いので、《異次元からの埋葬》墓地に戻すカードがあると便利だろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《星遺物の導き》 通常罠 星遺物

広告