星杯神楽(せいはいかぐら)イヴ》

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左/右】
種族と属性が異なるモンスター2体
(1):リンク状態のこのカードは戦闘・効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):このカードのリンク先のモンスターが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場した水属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク状態の場合に自身に耐性を付与する永続効果リンク先モンスター破壊される場合に身代わりになる永続効果フィールドから墓地へ送られた場合に手札から星杯モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 「種族属性が異なるモンスター2体」というリンク素材縛りを持つ。
 星杯モンスターは多様な種族属性を持つため、素材の指定は異なるが《星杯剣士アウラム》とほぼ同様の方法でリンク召喚を行える。
 星杯以外を併用する組み合わせの場合は《ジャンク・シンクロン》などの蘇生効果持ちを併用すると良い。

 (1)はリンク状態になっている場合、破壊と対象に取られない耐性を得る効果
 リンクマーカーが左右にあるため、リンク状態にするにはメインモンスターゾーンに出し、さらにモンスターを展開する必要がある。
 リンク素材にして墓地に置き、蘇生を絡める方が使いやすい。
 また、2体のこのカード同士を相互リンクになるように並べることで、堅牢な布陣が出来上がる。
 ただしリンクモンスター守備表示にできないのでサンドバッグにされてしまう危険があり、過信はできない。

 (2)はリンク先モンスター身代わりとなる効果
 (1)の効果で自身を守れるため、このカードを先に除去される危険は少ない。
 (3)の効果につなげることも可能。

 (3)は星杯リンクモンスター共通の効果
 主な使用法は《星杯剣士アウラム》を参照。

  • 神楽とは、神道において神に捧げるために行われる歌舞を意味する。
    イヴは、同パックで登場した他の星杯リンクモンスターの名前が神話・伝承由来が多いことを考えると聖書に登場する「アダムとイヴ」からだろうか。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星杯神楽イヴ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 水属性 魔法使い族 攻1800 星杯

広告