()(にえ)人形(ドール)/Tribute Doll》

通常魔法
自分フィールド上モンスター1体を生け贄に捧げて発動する。
手札から通常召喚可能なレベル7のモンスター1体を特殊召喚する。
そのモンスターはこのターン攻撃できない。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ユニオンの降臨で登場した通常魔法
 自分フィールドモンスター1体をリリースしてレベルモンスター特殊召喚する効果を持つ。

 下級モンスター通常召喚したそのターン最上級モンスター特殊召喚できる。
 しかし、消費するカードモンスターから魔法カードに変わっただけでディスアドバンテージは変わっていない。
 また、そのターン攻撃ができないので除去されればディスアドバンテージになってしまう。
 カード2枚を使ってレベル7の特殊召喚を狙うならペンデュラムスケール8を用いたペンデュラム召喚でも良い。
 特殊召喚しやすい《黄泉ガエル》等をリリースすれば通常召喚権こそ消費しないが、その報酬として割に合うかは微妙なところである。

 基本は《ダンディライオン》等のコストリリースしてもタイミングを逃さない効果を持つカードと併用したい。
 リリースなのでトークンコストに使える他、聖刻モンスター《九蛇孔雀》効果使用できる。
 聖刻レベル7の通常モンスター特殊召喚し、ランク7のエクシーズ召喚に繋げることもできる。

 特殊召喚ターン攻撃できないデメリットは、攻撃せずとも効果発動できるモンスター特殊召喚する事である程度解消される。
 起動効果を持つ《リボルバー・ドラゴン》ならば、不確実ながら相手モンスター除去できる。
 また、《メタル化寄生生物−ルナタイト》特殊召喚し、別個に通常召喚を行って合体させることが可能。

 とは言え、その様な条件に当てはまる最上級モンスターは少なく、同サポートには《死皇帝の陵墓》も存在する。
 多大なライフ召喚権を消費するが、カード・アドバンテージを失わず、《テラ・フォーミング》サーチでき、攻撃不可のデメリットも無い。
 また、レベル通常モンスターならば、《古のルール》も存在する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《スケープ・ゴート》などのアドバンス召喚リリースにできないトークンリリースできますか?
A:はい。アドバンス召喚ではないため可能です。

Q:フィールド《絶対魔法禁止区域》が存在するとき、このカードで通常モンスター特殊召喚したらそのモンスター攻撃できますか?
A:いいえ。攻撃できません。

Q:チェーン《おジャマトリオ》モンスターカードゾーンに空きがなくなった場合、どう処理しますか?
A:通常召喚可能なレベルモンスター特殊召喚することはできません。(09/08/21)


Tag: 《生け贄人形》 魔法 通常魔法

広告