精気(せいき)()骨の塔(ボーンタワー)/Soul-Absorbing Bone Tower》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻 400/守1500
自分フィールド上にこのカード以外のアンデット族モンスターが存在する場合、
このカードを攻撃する事はできない。
アンデット族モンスターが特殊召喚に成功する度に、
相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

 天空の聖域で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 自身への攻撃を封じる永続効果相手デッキトップから2枚を墓地へ送る誘発効果を持つ。

 同名カードを2体以上並べることで相手攻撃を一切封じられる。
 しかし、アンデット族墓地からの特殊召喚に長けており、戦闘破壊されても容易に復活できるため、ロック効果が活きる場面は少ない。
 また、デッキ破壊効果も直接的なアドバンテージには繋がらず、ビートダウンではこのカードを守る意味も見当たらない。
 よって、活用するためにはデッキ切れを狙う専用デッキを組む必要がある。
 このカードを中心としたデッキとしては【アンデットデッキデス】【アンデットオーム】が存在する。

 《地獄の暴走召喚》に対応しており、相手デッキが40枚ならこのカードを3体展開した上でアンデット族を6回特殊召喚すれば、2×3×6+5(初手)=41枚でデッキ切れになる。
 《ゾンビ・マスター》《馬頭鬼》《生者の書−禁断の呪術−》《アンデットワールド》とサポートが豊富なアンデット族ならば容易に可能だろう。
 なお、デュエルが進み相手デッキが減るほどに、必要な回数はさらに少なくなる。
 また、《アンデットワールド》適用下で自己再生が容易なモンスターと併せて使えば、このカード1枚でもかなりの枚数のデッキ破壊が可能である。

関連カード

イラスト関連

―《精気を吸う骨の塔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《精気を吸う骨の塔》がフィールドに存在している時、《生者の書−禁断の呪術−》を使いアンデット族モンスター蘇生させました。
 更に蘇生させたアンデット族モンスター《地獄の暴走召喚》を使った場合、相手デッキの上から墓地へ送るカードは何枚になりますか?
 また、効果処理順はどのようになりますか?
A:《生者の書−禁断の呪術−》によって特殊召喚した時に《精気を吸う骨の塔》の効果発動し、それにチェーンする形で《地獄の暴走召喚》発動した場合、《地獄の暴走召喚》によって特殊召喚された後にデッキから2枚送り、チェーン処理が終了した後に再度発動し、デッキから2枚送るので、結果4枚送ることになります。(09/08/21)

Q:《DNA改造手術》アンデット族が指定されています。
 アンデット族以外のモンスター特殊召喚されたとき、デッキ破壊できますか?
A:特殊召喚成功時アンデット族となるため、「アンデット族特殊召喚した」扱いとなり、デッキ破壊できます。

Q:このカード特殊召喚成功時《地獄の暴走召喚》発動し、デッキから更に2体の《精気を吸う骨の塔》を特殊召喚しました。
 この時、3体の《精気を吸う骨の塔》の効果はどの様に処理しますか?
A:《精気を吸う骨の塔》は、自身の特殊召喚成功時には効果発動できません。
 したがって、効果発動する事ができるのは既に場に存在する1体目の《精気を吸う骨の塔》のみとなります。 (11/12/03)

Q:《精気を吸う骨の塔》がフィールド上に表側表示で存在する場合、《ゴーストリックの人形》効果によって《ゴーストリック・スケルトン》裏側守備表示特殊召喚した時、相手デッキの上からカードを2枚墓地へ送る処理は行いますか?
A:その場合、裏側表示特殊召喚に成功しているため、《精気を吸う骨の塔》の効果発動しません。(14/02/19)


Tag: 《精気を吸う骨の塔》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻400 守1500

広告