聖なる解呪師(セイント・ディスエンチャンター)/Disenchanter》

効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻2000/守2300
1ターンに1度、フィールド上に存在する魔力カウンターを1つ取り除き、
フィールド上に表側表示で存在する魔法カード1枚を手札に戻す事ができる。

 ストラクチャーデッキ−ロード・オブ・マジシャン−で登場した光属性魔法使い族上級モンスター
 魔力カウンターを消費してフィールド上の表側表示魔法カードバウンスする起動効果を持つ。

 バウンス対象表側表示魔法カードと限定されており、使用機会は限られる。
 また、このカード自身は魔力カウンターを乗せる効果を持たないため、他のカードと並べなければ効果を使うことはできない。
 とは言え、バウンスした魔法カード発動すればまた他のカード魔力カウンターが乗ることが多いため、あまり重いコストではない。
 《魔法都市エンディミオン》を先に発動魔力カウンターを乗せておけば召喚権も使わない。

 主な用法としては、以下のものが挙げられる。

  1. 《光の護封剣》等の再利用。
  2. 《レベル制限B地区》等によるロックの解除。
  3. 装備魔法対象変更。
  4. 永続魔法装備魔法フィールド魔法1ターンに1度効果の再使用。
  5. ペンデュラムゾーンペンデュラムモンスターバウンスして、他のペンデュラムモンスター発動したり手札からの召喚特殊召喚に繋げたりする。
  6. 上記カードらの再発動による魔力カウンター稼ぎ。

 《ネクロの魔導書》蘇生すると、そのまますぐに《ネクロの魔導書》を回収できるという面白い性質がある。
 この場合、手札を全く減らさずにこのカード蘇生した上で、更に《ネクロの魔導書》を再利用できるため、シンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚に繋げやすくなる。
 レベル魔法使い族を軸とする【魔導書】【魔力カウンター】なら活躍が見込めるだろう。
 《魔導召喚士 テンペル》リクルートする事もできる。
 《D・D・M》と共にエクシーズ召喚を連発するコンボもあるが、詳しくはそちらのページを参照のこと。
 いずれもこのカードとのシナジーを考えて投入する必要があるため、コンボ前提のカードだと言える。

 攻撃力上級モンスターで2000と決して高くは無いが、それが幸いして《マジシャンズ・サークル》リクルートできるため、特殊召喚は容易。
 魔力カウンターが乗っているモンスター発動条件とすれば運用もしやすくなるだろう。
 なお、1ターンに1度効果とは言えステータスからして複数回の使用は難しかったが、エクシーズ召喚の登場によって効果使いきりのレベル5素材として活用しやすくなった。
 《トランスターン》光属性魔法使い族から出すのも有効で、《D・D・M》との使い分けもできる。

 同名カード3枚が墓地にあり、フィールド上に表側表示《魔法都市エンディミオン》《キャノン・ソルジャー》《継承の印》があれば1ターンキルを狙うことも可能。

  • 「ディスエンチャント(Disenchant)」とは、「呪い・魔法を解く」ということ。
    あまり馴染みが無い英単語だが、MTGに同名カードが存在するので知っている人もいるだろう。
    「ディスエンチャンター(Disenchanter)」はそれの人称形なのだが、イラストは女性であるにも関わらず男性名詞となっている。
    これは、《コールド・エンチャンター》《アイス・ブリザード・マスター》にも同じ事が言える。
    独語など男女で名詞が変化する言語では女性系となっているのも共通する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:魔力カウンターを取り除くのはコストですか?
A:いいえ、効果解決時に取り除くのでコストではありません。(08/12/13)

Q:相手フィールド上の魔力カウンターを取り除けますか?
A:はい、取り除けます。(08/12/13)

Q:対象をとりますか?
A:はい、対象をとります。(08/12/13)


Tag: 《聖なる解呪師》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 魔法使い族 攻2000 守2300

広告