聖刻龍(せいこくりゅう)−ドラゴンヌート/Hieratic Dragon of Nuit》

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1700/守 900
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
魔法・罠・効果モンスターの効果の対象になった時に発動する。
自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族下級モンスター
 自身がカードの効果の対象になった時、ドラゴン族通常モンスター特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 聖刻では珍しい下級モンスターだが、効果のクセが強く通常の【聖刻】では戦力外。
 対象を取る効果への抑止力と見るには非力な効果であり、そもそもこの攻守ではカード効果を使わずとも容易に戦闘破壊されてしまうだろう。
 だが、このカード自分効果の対象にする事に特化すれば、かなり面白いデッキを組むことができる。
 基本的には同レベル《アレキサンドライドラゴン》チューナー《ガード・オブ・フレムベル》特殊召喚し、エクシーズモンスターシンクロモンスターにつなげるのが安定する。

 このカード効果の対象にするためのカードとしては、「1枚で何度も対象に取れるカード」や「このカードを守れるカード」が有用である。
 何度も使えるカードとしては、1枚で2度発動できる《スキル・サクセサー》、使い減りしない《フューチャー・ヴィジョン》《閃こう竜 スターダスト》が候補に上がる。
 このカードを守るなら《安全地帯》《禁じられた聖槍》相手除去にも使える《強制脱出装置》などが使いやすい。
 「この効果1ターンに1度」という制約があるが、罠カード速攻魔法相手ターン対象を取れば、自分ターン相手ターンで1度ずつ効果発動できる。

 ただし、相手ターン特殊召喚すると、ドラゴン族通常モンスター側が完全に無防備になる。
 相手攻撃に対して《安全地帯》でこのカードを守ろうとした場合、巻き戻しが発生しステータス0の通常モンスター側を相手攻撃して戦闘破壊できてしまう。
 ダメージステップでも特殊召喚は可能なので、使えるカードこそ限られてしまうものの、戦闘破壊を回避したいならばこれを狙うのも手。
 同じレベルを持つ《聖刻龍−ドラゴンゲイヴ》とも共有できる。
 上記《スキル・サクセサー》《竜魂の城》のほか、《鎖付きブーメラン》《鎖付き爆弾》との相性も良いため、専用の【鎖ビート】が構築できる。

 その他のカードとしては、レベルモンスターの展開を狙える《モンスター・スロット》が非常に扱いやすい。
 自身の効果と合わせて素材3体のシンクロ召喚エクシーズ召喚を狙うことができる他、《エクリプス・ワイバーン》除外する事で更なる展開も可能。
 《ドラゴラド》とはコンボが可能で、《ドラゴラド》効果レベルを8にし、レベル8の通常モンスター特殊召喚する事で、ランク8のエクシーズ召喚を行う事ができる。
 また、《ドラゴラド》《神龍の聖刻印》特殊召喚していれば、《超銀河眼の光子龍》さえも召喚可能である。
 《ライトニング・チューン》を使い、自身をチューナーにしつつシンクロ召喚を狙ったり、《スター・チェンジャー》と組み合わせる手もある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(12/02/18)

Q:効果解決時にこのカードフィールドを離れている場合、効果不発になりますか?
A:いいえ、その場合も通常モンスター特殊召喚されます。(12/02/18)

Q:ダメージステップ中やダメージ計算時にも発動しますか?
A:はい、発動します。(14/04/02)

Q:このカードを対象《月の書》発動しました。効果発動しますか?
A:はい、発動します。(12/02/24)

Q:このカード対象《月の書》発動し、効果発動しました。同じターン中に反転召喚し、再び効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/02/24)

Q:自分フィールド上にこのカード《光と闇の竜》が存在するときに、このカード対象カード発動した場合、どちらの誘発即時効果を先に発動するか選択することができますか?
A:はい、その場合なら、このカード《光と闇の竜》で好きな順番でチェーンブロックを組むことができます。(12/02/27)

Q:上記の状況の時にチェーン2で《光と闇の竜》、チェーン3でこのカード効果発動した場合、直接このカード対象にしたカード発動に対してチェーンを組んでいませんが、その場合でもこのカード特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/02/27)

Q:このカード《サクリファイス》などの効果によって装備カードとなっているときに《サイクロン》などの効果の対象となったとき、効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(12/05/16)

Q:このカードに《スピリット・バーナー》装備されているときに、《スピリット・バーナー》の「装備モンスターを守備表示にする」効果発動しました。
  この場合、効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(13/08/31)

Q:このカード効果発動《光と闇の竜》無効にされました。
  同じターン中にもう1度このカード効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/11/19)

Q:《砂漠の光》によって「チェーンブロック1:《人喰い虫》(《聖刻龍−ドラゴンヌート》対象)」「チェーンブロック2:《スケルエンジェル》」とチェーンが積まれました。
  どのような処理になりますか?
A:チェーンブロック3に《聖刻龍−ドラゴンヌート》の効果発動します。(13/05/24)

広告