聖鳥(せいちょう)クレイン/Sacred Crane》

効果モンスター
星4/光属性/鳥獣族/攻1600/守 400
このカードが特殊召喚した時、
このカードのコントローラーはカードを1枚ドローする。

 暗黒の侵略者で登場した光属性鳥獣族下級モンスター
 特殊召喚に成功した時に、カードを1枚ドローする強制発動誘発効果を持つ。

 手札デッキ墓地除外と、ありとあらゆる場所からの特殊召喚ドロー効果発動する。
 サーチ手段こそ乏しいものの、手札からは《切り込み隊長》ペンデュラム召喚デッキからは《召喚僧サモンプリースト》等の汎用性の高いカード特殊召喚方法に対応する。
 とりわけ《召喚僧サモンプリースト》との組み合わせが有効で、【サモンプリースト】においては主要ドロー源とエクシーズ素材として非常に重宝する。
 また、これら2体を墓地へ送った後も《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《カオス・ソーサラー》除外コスト等の確保が可能となる。

 種族ステータスの面からも特殊召喚方法は意外と豊富であり、それらの特性を活かせるデッキならばこのカードの採用も検討できる。
 【鳥獣族】【ハーピィ】においては《スワローズ・ネスト》の選択肢の1つとして優秀であり、《ドラグニティ−ブラックスピア》との相性も抜群。
 《ブラック・ガーデン》ならば《召喚僧サモンプリースト》と共に蘇生対象にする事ができシナジーがある。

 このカードが3枚墓地落ちているなら、《ソウル・チャージ》を使うことで3000ポイントのライフロスと引き換えにこのカードを3枚特殊召喚しつつ、3枚のドローで1:6交換という凄まじいアドバンテージをたたき出すこともできる。
 狙ってできることではないが、状況が許すなら駄目押しや逆転の一手として役立つかもしれない。

 変わった所ではデッキトップを操作する事で《D−HERO ダッシュガイ》効果による特殊召喚も有用だろう。
 《アンデットワールド》を採用するタイプの【アンデット族】に忍ばせておくと意外なドローソースになるかもしれない。

  • 「クレイン(Crane)」とは英語で「鶴」のことである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《聖鳥クレイン》のドローする効果チェーンして《エネミーコントローラー》等によって効果解決前にコントロールが変更された場合どちらがドローしますか。
A:コントロールが変わった場合でも、《聖鳥クレイン》の元々の持ち主がカードドローします。(12/02/01)

Q:《クイーンマドルチェ・ティアラミス》効果チェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、このカード特殊召喚した後デッキ戻された場合、その後このカード効果発動しますか。
A:その場合、このカード効果発動しません。(13/02/24)

Q:《皆既日蝕の書》チェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、このカード特殊召喚した後裏側守備表示にされた場合、その後このカード効果発動しますか。
A:いいえ、発動しません。(13/01/09)

Q:《守護者スフィンクス》チェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、このカード特殊召喚した後手札に戻された場合、その後このカード効果発動しますか。
A:その場合、このカード効果発動しません。(13/02/24)

Q:《正々堂々》効果適用中、《守護者スフィンクス》チェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、このカード特殊召喚した後手札に戻された場合、その後このカード効果発動しますか。
A:手札に戻った《聖鳥クレイン》が、《正々堂々》効果により表側表示であるならば、一度フィールド特殊召喚した《聖鳥クレイン》の効果発動する事はできます。(15/08/03)

Q:《氷結界の龍 トリシューラ》チェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、このカード特殊召喚した後除外された場合、その後このカード効果発動しますか。
A:はい、フィールド上で発動した扱いとして効果発動します。(13/01/09)


Tag: 《聖鳥クレイン》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 鳥獣族 攻1600 守400

広告