(あお)()乙女(おとめ)/Maiden with Eyes of Blue》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「青き眼の乙女」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。
その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。

 ストラクチャーデッキ−青眼龍轟臨−で登場した光属性魔法使い族下級モンスターチューナー
 効果の対象になった時に《青眼の白龍》1体を特殊召喚する誘発即時効果と、攻撃対象になった時にその攻撃無効にして《青眼の白龍》1体を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)(2)の効果により、除外以外の場所からほぼノーコスト《青眼の白龍》特殊召喚できる。
 聖刻とは違い弱体化せず、表示形式攻撃の制約もなく、自壊等のデメリットも一切課されない。
 相手が何の対策もなくこのカード攻撃対象効果の対象にすることはまずありえないが、対策がない相手にとっては硬いとなりうる。
 チューナーとして運用する際にも、この場持ちの良さは大きな利点となる。
 特殊召喚した《青眼の白龍》と合わせれば、《蒼眼の銀龍》《青眼の精霊龍》シンクロ召喚することが可能である。

 (1)の効果を利用したコンボについては、類似した効果を持つ《聖刻龍−ドラゴンヌート》のページも参照されたい。
 魔法使い族専用のカードとしては、《ワンダー・ワンド》《ガガガシールド》《ディメンション・マジック》等が存在する。
 魔導書とも相性が良く、サーチ手段の豊富な《トーラの魔導書》《ヒュグロの魔導書》によって容易に効果を発動させることができる。
 このカード自身も、《魔導書院ラメイソン》によるリクルート《魔導書廊エトワール》によるサーチが可能である。

 対象をとるカードを多く搭載する場合には、それらが事故要因とならないような工夫が必要となるだろう。
 サーチリクルート蘇生の手段を用意したり《聖刻龍−ドラゴンヌート》を併用することで、対象をとるカード腐る危険性を低減できる。
 【青眼の白龍】では青き眼モンスター対象をとる効果を持つ者が多く、ステータスも共通するため連携がとりやすい。
 一方で対象をとるカードに枠を割くことが難しい場合、このカードの採用を見送ることは十分にあり得る。

 (2)の効果により攻撃表示として立てることも多いカードだが、それ故に対象を取らない効果によって無効化されると攻撃力0の棒立ち状態となり絶好の的となってしまう。
 【スキルドレイン】《No.107 銀河眼の時空竜》を使う【ギャラクシー】相手の時には、安易に攻撃表示で立たせておくのは控えておいた方が良いだろう。
 また、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》などの効果発動そのものを封じるカードも天敵であり、この場合は5000もの戦闘ダメージを受けるため敗北に繋がりかねない。
 ステータスが低いカードに共通することだが、相手デッキや動きをよく考えた上で上手く使っていきたい。
 対策および自分で効果を使うためのトリガーとして《強制脱出装置》を併用するといった手もある。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラスト《青眼の白龍》との関連から、原作の「王の記憶編」に登場した「白き龍」を精霊(カー)として身に宿す少女・キサラがモチーフだと思われる。
    海馬の前世である神官・セトは紆余曲折を経てキサラと心を通わせるようになるが、キサラは白き龍の力を狙う「闇の大神官」に殺害されてしまう。
    その後、白き龍そのものと化したキサラは闇に囚われかけたセトを救い、アテムの後を継いで王となったセトの守護神となった。
    現代まで続く海馬と《青眼の白龍》の因縁のはじまりである。
  • 白き龍」は他の精霊と違ってキサラ自身の魂と一体化しており、彼女が自分で呼び出すことはできない(アニメDMでは自分の意思で呼び出せる設定に変更された)。
    彼女や彼女の慕うセトがピンチに陥った時にしか白き龍は現れないのだが、このカードの受動的な特殊召喚効果もそれを思わせる所がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)の効果誘発即時効果、(2)の効果誘発効果になります。(13/06/15)

(1)の効果について

Q:《レベル制限A地区》効果適用されている状態で(1)の効果発動した場合、どのような処理を行いますか?
  また、《青眼の白龍》特殊召喚できますか?
A:その場合、このカード効果処理が全て終わった後、すぐに《レベル制限A地区》効果適用されます。(13/07/03)

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/06/15)

Q:(1)の効果効果解決時にこのカードフィールド上に存在しない場合、《青眼の白龍》特殊召喚はできますか?
A:特殊召喚することができます。(13/06/16)

Q:既に表側表示《ブレイズ・キャノン》によって《青き眼の乙女》が対象となった際《青き眼の乙女》の(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/06/15)

Q:《大嵐》によって「チェーンブロック1:相手《鎖付き爆弾》破壊効果(《青き眼の乙女》対象)」「チェーンブロック2:相手《風魔手裏剣》ダメージ効果」とチェーンが積まれました。
  《青き眼の乙女》の(1)の効果チェーンブロック3にて発動できますか?
A:この場合、チェーンブロック3に《青き眼の乙女》の効果発動する事はできません。
  なお、「チェーンブロック1:相手《風魔手裏剣》ダメージ効果」「チェーンブロック2:相手《鎖付き爆弾》破壊効果(《青き眼の乙女》対象)」となった場合(さらにチェーンが積まれなければ)チェーンブロック3で《青き眼の乙女》の効果発動できます。(13/06/15)

Q:このカードに対して《連鎖破壊》《次元幽閉》発動された場合でも、(1)の効果発動できますか?
A:それらのカード対象になった時でも、チェーンして(1)の効果発動できます。(13/07/12)

Q:自分フィールド上のこのカード対象自分《トーラの魔導書》発動しました。
  このカードの効果相手効果、どちらが先にチェーンできますか?
A:自分カード発動した場合、次にカード発動できるのは相手になります。
  したがって、自分《トーラの魔導書》に先にチェーンできるのは相手になります。(13/07/19)

(2)の効果について

Q:(2)の効果《青眼の白龍》特殊召喚するかどうか決めるタイミングはいつになりますか?
A:効果処理時に決めます。(13/06/27)

Q:(2)の効果攻撃モンスター対象にとりますか?
A:いいえ、とりません。(13/06/15)

Q:(2)の効果効果解決時にこのカードが存在しない場合、攻撃無効化及び《青眼の白龍》特殊召喚はできますか?
A:無効にする効果適用されますが、その後《青眼の白龍》特殊召喚できません。(13/06/24)

Q:(2)の効果発動チェーン発動された《月の書》でこのカード裏側守備表示になった場合、どのように処理しますか?
A:攻撃無効になりこのカード表側攻撃表示になり、《青眼の白龍》特殊召喚できます。(13/06/15)

Q:(2)の効果効果解決時にこのカードコントロール相手に移った場合、攻撃無効化、表示形式の変更及び《青眼の白龍》特殊召喚はできますか?
A:はい、その場合でも全ての効果適用されます。(13/06/24)

Q:(2)の効果効果解決時攻撃をしたモンスター守備表示になったり、フィールド上に存在しなくなり攻撃無効にできなかった場合、表示形式の変更及び《青眼の白龍》特殊召喚はできますか?
A:いいえ、このカード表示形式は変更されず、《青眼の白龍》特殊召喚できません。(13/06/26)

Q:《星態龍》攻撃された場合はどうなりますか?
A:攻撃無効にならず、表示形式も変更されず、《青眼の白龍》特殊召喚されません。(13/07/04)


Tag: 《青き眼の乙女》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 魔法使い族 攻0 守0

広告