青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)/Blue-Eyes Alternative White Dragon》

特殊召喚・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。
この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 前売り券特典カードで登場した光属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 フィールド墓地《青眼の白龍》となるルール効果相手モンスター破壊する起動効果を持つ。

 召喚条件手札《青眼の白龍》相手に見せるだけなのでアドバンテージを失わずに特殊召喚できる。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》《青き眼の巫女》なら、召喚条件を簡単に整えられる。

 《青眼の白龍》とは種族属性が同じでフィールド墓地ではカード名《青眼の白龍》になるので、多くのサポートカードを共有することが可能。
 ただし、手札デッキでは同名カードにならないので、《伝説の白石》によるサーチはできない。
 また、通常モンスター扱いになるわけでもないので、《召喚師のスキル》《銀龍の轟咆》にも対応しない。

 (2)の効果攻撃を放棄することでモンスター除去を行う効果
 それ以外はコストデメリットもないため、発動後はランク8のエクシーズ召喚《青眼の双爆裂龍》融合召喚《青眼の精霊龍》シンクロ召喚に繋げると良いだろう。

  • 「劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」の前売り券特典カードとしてKCレア仕様20万枚、同じく4DX・MX4D上映の入場者特典カードとしてKCウルトラ仕様5万枚が配布された。
    入手経路と流通量が限定されている事、【青眼の白龍】におけるこのカードの有用性、そして海馬の人気の高さなども相まって、中古価格は高騰している。
    2017年3月時点でも、流通量が多い前者でも1枚3000円台、後者は5000円台を維持しており、【青眼の白龍】を組む上ではまずこのカードの確保が大きな課題となっている。
  • 「オルタナティブ(Alternative)」は代替や二者択一を意味し、同名カードとして扱うテキストからも《青眼の白龍》の代替品として存在することが伺える。
    攻撃破壊効果かを選択する性質から二者択一の意味も含んでいるとも考えられる。
    また、別の可能性という意味がある事から、日本の創作では平行世界などを表す際にも使われる事がある。
    このカードが付属・登場する映画も原作終了後が舞台であり、アニメDMとは違うパラレルワールドである。
  • 高橋和希氏が映画のためにデザインした新規モンスターであり、Vジャンプ2016年2月号でデザイン画が公開されている。
    この画には「NEWブルーアイズ」と添え書きされている。
  • コナミのゲーム作品において―
    最強カードバトル!では、レジェンド・チャレンジの優勝者に海馬からこのカードデッキ素材用の3枚のカードが送られる。
    アニメの世界観である本作だが、こちらでもこのカードの開発は行われているようだ。
    このデッキの強化版は公式サイトにて予告なく1日限定で公開された。
    その後、2016年9月14日〜22日の期間限定イベントとして、公式サイトで公開されたキャンペーンコードを入力して対戦できる海馬に勝利することで、強化に必要なカードがランダムで入手できるようになった。

関連カード

―《青眼の亜白龍》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《青眼の亜白龍》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ブルーアイズ

広告